1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

健康でありたい、健康で長生きをしたいということはだれもが願っていることですが、さてどうすれば健康で長生きできるのでしょうか。

1.健康に必要な条件は

健康づくりは栄養・運動・休養
健康でありたい、健康で長生きをしたいということはだれもが願っていることですが、さてどうすれば健康で長生きできるのでしょうか。
健康づくりのためには、栄養・運動・休養が大切であって、専門的にはこれを「健康の3要素」と呼んでいます。日々の暮らしの積み重ねが健康に大きく関わっています。

「健康のためには週にどれくらい運動すればいいですか?」

私たちインストラクターはこの言葉を良く聞きます。
答えは

「毎日」です。

えっ毎日と驚かれると思いますがふらふら、運動=健康ではありません。
運動+栄養+休養=健康なのです指でOK 運動とは普段の生活では得られ
ない運動負荷をかける事で血液の循環を促し、古い細胞を壊す作業に
なります。人間の体は細胞が壊れたら自己回復能力が働き、新しい
細胞を作る作業に移ります。新しい細胞を作るには材料が必要です。
それが食事レストラン(栄養)です。体が休んでいるときに新しい細胞が
作られます。だから睡眠眠い (睡眠)(休養)が重要なのです。皆さんも食事うまい! (顔)や睡眠夜は毎日摂りますよね
ではなぜ質問の答えが「毎日」なのか
それは「積極的休養(積極的休息)」が大切なのです

2.栄養とは

栄養の原則
何か特別な食べ物(食品とか料理など)があって、これさえ食べていれば健康になるといった不老長寿の薬のようなものがあればよいのでしょうが、そのような都合のよいものはありません。
低カロリ-だから、ビタミン〇〇があるから、健康〇〇だから、食物繊維があるから・・・「ヘルシーである」とか、〇〇栄養法といったキャッチフレ-ズを多く見受けますが、これらは誇大な表現になっているものも多く、そのまま信用することは危険な場合もあります。
栄養状態を判断する最小の単位は1日です。1日3食を主食・主菜・副菜を組み合わせた食事を取ることです。さらに毎日たくさんの食品を組み合わせて食べることが必要です。
食べる量は、標準体重を維持するエネルギ-の量に見合った量がちょうどよいので、時々体重を量ってみてあまり変動がなければ食べる量はちょうどよいと判断できます。栄養の原則は消費量(必要な量)に見合っただけ、各種の栄養素をそろえて摂取することであって、それにはたくさんの種類の食品を組み合わせて、1日3食を適当な量ずつ食べること以外にはないのです。

あなたに必要な1日の栄養量は?
このページでは、外食料理の栄養成分表示をあなたの健康づくりに活用し、あなたが1日元気に過ごすために必要な栄養量について、「日本人の食事摂取基準」を参考にして求めることができます。

食事バランスガイド

1日に、「何を」、「どれだけ」食べたらよいかを考える際の参考にしていただけるよう、食事の望ましい組み合わせとおおよその量をイラストでわかりやすく示したものです。

健康で豊かな食生活の実現を目的に策定された「食生活指針」(平成12年3月)を具体的に行動に結びつけるものとして、平成17年6月に厚生労働省と農林水産省が決定しました。

「食事バランスガイド」は、従来の栄養成分表示とは異なり、料理の組み合わせから、栄養バランスを見直すことができるものです。食に携わる企業の場合、自社商品にどんな料理を組み合わせるべきかを考えたり、より健康的な食生活を消費者に啓発するツールとして活用することができます。

「食事バランスガイド」は、食材ではなく料理から健康的な食のあり方を見直すことができるものです。このため地域特有の食材や、地域の特色をいかした郷土料理からも、食事バランスを考えることができます。食料自給率の向上を消費者に啓発するためにも、「食事バランスガイド」は有効です。

3.栄養成分表示

加工食品は、栄養成分表示が義務付けられている。
 容器包装に入れられた加工食品及び添加物には、食品に含まれる栄養成分に関する情報を明らかにし、消費者に適切な食生活を実践していただくために、栄養成分表示が表示されています。
また、食品に含まれている栄養成分及び熱量だけではなく、その表示が一定の栄養成分及び熱量についての強調表示である場合には、含有量が一定の基準を満たすことが必要です。

さらに、成分の機能や特別の用途を表示する場合、以下の制度がある。

(1)特定保健用食品、(2)機能性表示食品、(3)栄養機能食品

(1)特定保健用食品

①定義:
健康の維持増進に役立つことが科学的根拠に基づいて認められ、「コレステロールの吸収をおだやかにする」などの表示が許可されている食品です。表示されている効果や安全性については、健康増進法第26条第1項の規定に基づき

国が審査を行い、食品ごとに消費者庁長官が許可

をしています。

②要件(トクホ飲料開発の流れを例に):

素材探索(関与成分)

まず、お客様のどんな健康上の悩みに応える商品を開発していくかを検討します。そして、その健康上の悩みを解決するために、候補となる素材を探していきます。逆に、日々の研究の中から有望な素材を見つけ出し、それをもとに商品を企画・開発していく場合もあります。

素材機能研究

適した素材を見つけたら、その安全性と有効性を詳細まで確かめデータ化していく必要があります。ここで、最も大事なのは安全性試験のデータとヒトでの有効性の証明です。最終製品を使ったヒトでの試験において、安全、かつ効果を得られることを示さなくてはなりません。

申請・審査

申請には、お客様の健康維持・増進にどう役立つかという商品の意義、有効性・安全性を示す根拠データ、飲料の製造方法、品質保証・管理の方法、製造工場の情報など、提出する内容は多岐にわたります。

発売後の検証・研究

トクホ飲料は、健康維持・増進のために、お客様に継続して飲み続けていただきたい商品です。そのために、商品の発売後も常にお客様からいただく声に耳を傾けながら、検証や研究を続けています。

出典サントリーホームページ

③デビューまでどのくらいかかるか:

特定保健用食品(トクホ)は、「コレステロールの吸収を抑える」といった機能性の効果や安全性を国が審査し、食品ごとに消費者庁長官の許可を得て、初めてヘルスクレームを謳えるようになる。この許可が下りるまでに、2年程度の時間が掛かる。

申請から許可が下りるまでになんと5年もかかっています。申請したときの所管官庁は厚生労働省でしたが、許可を受けた時には消費者庁になっていたほどです(笑)。

(2)機能性表示食品

1 2