1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

平成最後の「なんでも鑑定団」でビックサプライズが…3年ぶり石坂浩二さん登場に歓喜の声が!!

なんでも鑑定団といえば、ただのバラエティー番組ではありません。伸介さんの面白い会話と、石坂浩二さんの知的な会話が魅力的なのです。そんな中2人がいなくなって久しいのですが、石坂浩二さんが3年ぶりに鑑定団に戻ってきて話題になっています。もしかしたら今後もゲスト出演があるかも?

更新日: 2019年04月30日

1 お気に入り 3354 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

鑑定団といえば、島田紳助と石坂浩二のイメージだった

元々は、この番組の司会者の一人である島田紳助が過去に司会をしていた深夜番組「EXテレビ」(大阪版・読売テレビ)の一企画として放送した「家宝鑑定ショー」がルーツである。

司会は島田の他に、古美術に興味があることで知られる石坂浩二が番組化される際に加わった。

紳助さんは、芸能レポーターの井上公造氏の取材に”友人”として応じ、そのコメントを司会の宮根誠司が読み上げた。

僕から確実に言えることは、石坂さんなしではあの番組の成功はなかったということ。

僕だけでは単なるバラエティーで終わっていたと思います。石坂さんには番組に品位と格を付けていただきました」と、石坂の番組における多大な功績を称えた。

石坂浩二さんなくてはならない番組なのです。

しかし、ある時を境に石坂浩二がしゃべらなくなるように編集、そして卒業した

16年1月、番組出演時の石坂が「ほとんどしゃべっていない」として、「女性自身」(光文社)が、その疑惑を検証。

2年近くもの間、放送中の石坂の発言が片っ端からカットされ、オープニングの挨拶以外、ほとんど話していないことになっていると報じたのだ。

1994年4月にスタートしたテレビ東京の長寿番組『開運!なんでも鑑定団』(毎週火曜20:54~)から、石坂浩二とアシスタントの吉田真由子が卒業し、新たに福澤朗をMCに迎えることが明らかとなった。

1994年10月からアシスタントを務める吉田真由子(42)も卒業。司会6年目を迎える今田耕司(49)に加え、福澤朗キャスター(52)が新たに番組に加わることも併せて発表された。

石坂は4月からBSジャパンでスタートする“鑑定団ブランド”の新番組「開運!なんでも鑑定団・極上!お宝サロン(仮)」の司会に就任。

しかし3年ぶりに再登場した!!

テレビ東京系で放送中の『開運!なんでも鑑定団』。次回30日は「平成最後のお宝鑑定スペシャル」(後6:55~9:48)を放送する。

平成最後の放送となるこの回には、1994年4月の番組開始から2016年3月29日までの22年間、番組にMCとして出演していた石坂浩二が特別ゲストとして、約3年ぶりに出演する。

約5年間タッグを組んでいたメインMCの今田耕司は、石坂との共演について「ほんま3年ぶり。懐かしい感じ。石坂さんが来ると、石坂さんの時の鑑定団の空気になるのも懐かしかった」とコメント。

今田は「鑑定団の全てがわかるくらいの歴史が詰まっているのでぜひ見てほしい」と呼びかけ、元号が「令和」に改まっても、「いつつけてもちゃんとやっている、みたいな。

そういう良い意味でのスタンダードであり続けたい」と、話していた。

さまざまなトラブルを乗り越えて『鑑定団』にカムバックする石坂。果たして彼のトークはどれだけ放送に乗るのか、期待したいところだ。

歓喜の声が…

なんでも鑑定団にアメリカ人が出した戦艦長門の旭日旗 鑑定額1000万だったんだけど その後石坂浩二さんが自費で買い戻し、大和ミュージアムに寄贈したと聞いてちょっと感動した

1 2