1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

スタインバーガーのヘッドレスギターに装着できる「ストリングアダプター」の使い方とコツを解説します。メンテナンスは自己責任でお願いします。

ストリングアダプターとは

ストリングアダプターはSTEINBERGER本家とスタインバーガーからライセンスを受けて制作された他社のヘッドレスギターに使用できる改造アイテムです。とても小さな金属パーツで構成されています。

ダブルボールエンド弦

ヘッドレスギターはその名の通りヘッドがないギターです。その特殊な構造から「ダブルボールエンド弦」という専用の弦を使う必要があります。

一般的なギターはマシンヘッドのポールに弦を巻きつける構造のため、緩みが発生したり、チューニングが安定するまで時間がかかるといった難点があります。

一方でダブルボールエンド弦は直線的に伸ばして調律する構造なのでチューニングが安定しやすいというメリットがあります。

ダブルボールエンド弦のデメリット

そんなダブルボール弦ですが「価格が高い」「種類が少ない」というデメリットを抱えています。

例えばダダリオのエレキ弦は500円程度で購入できますが、ダブルボールエンドとなると1200円から2000円程度もします。コーティング弦並みの価格ですね。

さらに種類が少ないのも難点です。普通の弦であればコーティング弦や特殊な芯を使った巻弦、イレギュラーなゲージセットなど多種多様な選択肢がありますが、ダブルボールエンド弦だとオーソドックスな仕様のものしかありません。

愛用している弦メーカーがダブルボールエンド弦を出していない場合、ヘッドレスギターだけ他社の弦を使う必要も出てきます。

救世主ストリングアダプター

そういった状況を改善すべく登場したのがストリングアダプターです。

ストリングアダプターはネジによってヘッド側の弦を固定する構造になっており、ボールエンドを要するのはブリッジ側のみ。一般的な弦がヘッドレスギターでも使用できるようになるんです。

コストを削減しセッティングの幅を広げたい人にとってはマストなアイテムと言えるでしょう。

装着の手順 ※記事を最後まで読んでから挑戦してください



まずはチューニングジョー(トレモロ内部の溝)にボールエンドを入れ、ペグをひねって奥へと移動させます。

ボールエンドがトレモロの影に隠れたあたりで止めてOKです。

最初は1弦と6弦だけをセットします。残りの弦は後ほど。




弦をギターのヘッドに通します。




ストリングアダプターの穴に1弦と6弦を通し、ストリングアダプターをギターのヘッドとくっつけます。弦が通らなかったときはストリングアダプターのネジを緩めましょう。

この時点ではストリングアダプターは固定されていないので、マスキングテープを使ってヘッドから落ちないようにしておくと先の作業がやりやすくなります。

なおストリングアダプターには位置合わせ用の突起がついているので、その突起とヘッドの穴をしっかり合わせることを忘れないでください。




ストリングアダプターから飛び出している弦を手に巻き付け、ピンと貼った状態でストリングアダプターのネジを軽く締めます。

マスキングテープを外してもストリングアダプターが落ちなくなったらOK。同じ様に残りの弦も通してネジを締めましょう。




すべての弦を通し終わったら再度位置確認をし、ネジを本格的に締めます。このときゆるすぎるとチューニング時点で弦が抜けてしまいますし、キツすぎると弦が潰れて切れたりストリングアダプターのネジ山がナメてしまうことがあります。ある程度の経験が必要になる作業です。

ヘッドから飛び出した弦をカットしていないのはすっぽ抜けが発生したときにやり直せるようにするためです。

なお複数回にわたるやり直しは弦にダメージを与えてしまうので1,2回に留めましょう。




弦の固定が完了したらいつも通りにチューニングをします。

このとき弦慣らしとして「弦を手で引っ張って伸ばす」のはやめてください。人間の手で引っ張る力は想像よりも強く、すっぽ抜けが発生する恐れがあります。

ヘッドレス構造は一般的なギターよりも慣らしが少なく済むため、引っ張り慣らしをしなくてもすぐにチューニングが安定します。




最後に飛び出している弦をストリングアダプターギリギリの位置でカットして終わり…なのですが、これは後日に行います。

前述の通りネジの固定が甘いとすっぽ抜けるので、安定が確認できるまでは切らないでいたほうがいいのです。

固定のコツ

ストリングアダプターの運用における最たる難関はネジを締める力加減です。

アーミング系ギタリスト御用達のロックペグ(マグナムロック)もネジの力で弦を固定するものですが、緩ければすっぽ抜け、強すぎれば弦を切ってしまいます。

幸いストリングアダプターは六角レンチで締められる構造のため、ロックペグよりは対策がしやすくなっています。

固定に使うおすすめのアイテムは「電動ドリルドライバー」です。

ドリルドライバーはドリル刃やだけでなく六角ネジが締められるビット(先端に取り付けるアイテム)も使えます。

そしてある程度の価格の電ドリには「クラッチ」という機能が搭載されています。

クラッチは設定したトルク(締め付け強さ)に達するとガガガガッという音を立てて空回りする機能です。

締め付けすぎによる材やネジの破損を防止する機能のため、ストリングアダプターの締め付けにうってつけです。

まずは弱めの段階(1~2)で試し、すっぽ抜けが発生したら1段階ずつ上げて様子を見ます。

この作業を繰り返すことで必要最低限の締め付けを安定して行う事ができます。テストの際に「1弦は3クラッチ、6弦は2クラッチ」という感じで最適クラッチの値をメモしておくとなおよいでしょう。

なお電ドリはとてつもないパワーを持っているため、クラッチを無効にして回したり、クラッチ段階を過度に上げて締め付けるとストリングアダプターが破損する恐れがあります。自分のドリルのパワーを見定めつつ慎重に作業しましょう。

ちなみにスタインバーガー純正ストリングアダプターの六角穴はM3規格(2.5cm)です。それに合うビットを選びましょう。

トラブルシューティング

すっぽ抜けが発生してしまった際の対策について解説します。

①締め付けが甘い

単純に締め付けが甘いとすっぽ抜けます。締め付けを強くして様子を見ましょう。


②油が付着している

ストリングアダプターは金属製のアイテムのため、新品状態だと防錆目的の油が塗られている可能性があります。ネジ穴の底とネジの底にも油がついていた場合、弦を保持する力が弱まります。

そんなときは「パーツクリーナー」という溶剤を綿棒に染み込ませて該当部分だけ脱脂しておきましょう。

錆を呼んでも困るので全体を脱脂する必要はありません。


③コーティング弦を使用している

コーティング弦は弦の表面をテフロンなどのミクロの被膜で覆った弦です。この被膜は押弦やピッキングの圧力でも消耗するほど薄いため、ネジの圧力を受ければ簡単に破断します。

いい感じに破断して地肌が出ればそのまま使えますが、下手に皮膜が生き残ってしまうと、チューニングやアーミングの時点で皮膜が破れ、弦が滑ってすっぽ抜けます。

これを防ぐには弦を通した時点で飛び出し部分の根元にマーキングし、一度抜いて、ネジが当たる部分を軽くヤスリがけしてコーティングを剥がすのが有効です。

800~1000番程度の細かい紙やすりを使うといいでしょう。ヤスリがけする部分もペンで塗っておくと削った部分がわかりやすくなります。

サンディングが終わったら弦を通し直します。

ストリングアダプターの弱点

とても便利なストリングアダプターにも弱点が存在します。

①アーミングの安定度が下がる

ストリングアダプターは弦の張力にとってヘッドに固定されます。つまりアーミング(アームダウン)を行うとこの密着度が低下しチューニングが狂いやすくなります。最悪の場合はヘッドからストリングアダプターが取れてしまうこともあるようです。


②取り付けられないギターが存在する

ストリングアダプター、そしてギターのヘッドパーツには「個体差」があります。位置合わせ用の突起が微妙に合わなかったり、ヘッドパーツに穴がなかったり。もしかしたら製造時期の違いによる仕様差もあるかもしれません。

未加工で自分のギターに取り付けられるかどうかは現物合わせをするまでわからないのです。

正規に輸入された純正品をスタインバーガー製(またはライセンス品)に合わせてみて取り付けられなかったときは事情を説明して返品できるか販売店まで確認してみましょう。

もし返品を受け付けてもらえなかったときは中古として売りに出すのもアリです。

1