1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

子育てや仕事、友人関係にも!「ユーモア」の大切さがハンパない

皆さん常に「ユーモア」を意識してますか?ユーモアはセンスじゃなくて技術です。磨けば自分のものになり、様々なシーンに役立ちます。

更新日: 2019年05月01日

59 お気に入り 50558 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のおける情報を基に作成しています。

■ユーモア

ユーモア(英: humour、独: Humor, フモーア)とは、人を和ませるような《おかしみ》のこと[1]。日本語ではこうした表現を諧謔(かいぎゃく)とも

人の心を和ませるようなおかしみ。上品で、笑いを誘うしゃれ。諧謔(かいぎゃく)。「ユーモアに富んだ会話」「ユーモアの通じない人」「ブラックユーモア」

【上品な言葉で人を傷つけずに笑いをとるのがユーモア】【相手の欠点をネタにしたり下品な言葉を使用することもあるため、場合によっては周囲を不快にさせることもあるのがジョーク】

■ユーモアは周囲をいい雰囲気にさせる

ユーモアで周囲を鼓舞すると、周囲が和み、場の空気を支配することができる。度量の大きさを示すことができ、「頼もしい」と尊敬を集めることができる

■「子育て」にもいい影響をもたらす

ユーモア精神にあふれた温かみのある親の元で成長できる子は幸せです。そういう子は、毎日安らかな気持ちで過ごせて、情緒が安定します

つまり自己肯定感です。すると、いろいろなことで頑張るエネルギーが湧いてきます。新しいことに積極的にチャレンジする勇気も出ますし、困難なときにも踏ん張りがきくようになります

子育ても同じです。親子の関係が緊張状態にあるときに、何かのきっかけで、お互いが笑ったら、その後の話はスムースに進むでしょう。子育てには、ユーモアが大切

子どもは、自分を笑顔にしてくれる人を好きになって信頼し、聞く耳を持つようになるのです。毎日しかめっ面をしているお父さんやお母さんの言うことを、進んで聞くはずがない

誰かと一緒に笑うとき、その笑いは同じ感情からあふれ出してくるものであり、人と人との絆を強めてくれる

親子の絆をより強固にしてくれます。

ユーモアはサービス精神の表れです。そして、サービス精神は相手を尊重する気持ちが根底にあってこそ生まれてくるもの

親のユーモアは子供にとって「自分を尊重してくれている」という認識をもたらしてくれます。

■「ビジネス」においても必要不可欠だ

うまくいく人ほど窮地でもユーモアを忘れないということです。仕事ができない人、貧乏な人ほど窮地に弱く、逆境に直面すると心の余裕をなくしてイライラします

難局に直面したときに、ちょっとしたユーモアを交えたコメントができると、周囲の人たちに大きな安心感を与えて、結果的に求心力がさらに高まります

欧米のスピーチに詳しい方はご存知でしょう。早いうちに笑いを取ること、ユーモアのセンスがあること。これはトップのスピーチにも必須事項として列記されています

自分はそういうキャラじゃないとか、恥ずかしいとか思ってしまうかもしれませんが、ユーモアがあれば仕事もうまくいくことは疑いようがない

笑顔には脳をリラックスさせる効果もあるため、これらが要因となり仕事や勉強の効率もアップする

■「人間関係」にも必要不可欠だ

1 2