1. まとめトップ
  2. おもしろ

変わったよね,時代…みんなの『時の流れ』を感じた話が興味深い

Twitterユーザーが投稿した「時代の変化」や「時の流れ」を感じたり実感したりしたエピソードなどをまとめました。思わず共感しそうになるものからハッとさせられそうになるものまで、色んな意味で興味深い意見・独自の見解などが沢山ツイートされていました。

更新日: 2019年05月05日

23 お気に入り 72960 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

このまとめは、Twitterに投稿された体験談・エピソードや考え方などのツイートをまとめたものです。

futoshi111さん

◆変わったよね、時代

新しい元号になって「平和な時代になって欲しい」と子供がコメントしたという話を聞いて、もちろんその通りだと思うとともに、元号が変わるっていう話題だけで色んな人があーだこーだ言って大喜利までできるって実は結構平和で幸せなことなんだよ、と教えてあげたくもなる。変わったよね、時代。

◆次の時代へと移り変わる瞬間

明治の始まりを、人々は高札で知った。 大正の始まりを、人々は新聞で知った。 昭和の始まりを、人々はラジオで知った。 平成の始まりを、人々はテレビで知った。 そして令和の始まりを、人々はネットで知ろうとしている。 次の時代へと移り変わる瞬間を、人々はどんなメディアで知るのだろうか?

明治から大正へは、 新聞が活躍し、 大正から昭和へは、 ラジオが活躍し、 昭和から平成へは、 テレビが活躍し、 平成から令和へは、 インターネットが活躍した、 令和から次の時代へは、 テレパシーでも使えていたらいいなぁと思う、平成最後の日 #明治 #大正 #昭和 #平成 #令和

◆これはすごい進歩ですよ

新元号発表のNHK中継で、菅官房長官が掲げた新元号が手話通訳のワイプに被さったことが話題になってますが感動しています。30年前の聴覚障害者はなんの情報もなくただただ平成の字を見るしかなかったのにこの30年で国民の一大事にインパクトを残せる位置に手話通訳がいる。これはすごい進歩ですよ。

@kurage313book フォロー外から失礼します。 職場でみんなでTVを見ていたのですが、「菅さん、出す方向逆だよー」とみんな言っていました。 手話通訳のワイプがある、というのが当然の感覚だったのですが、そうなるまで格闘してきた方々の思いがあるのですね。

@kurage313book 手話通訳もだが、こどもニュースとか、世間で何が起きているのか、私のような者にもわかりやすい番組があったりして、嬉しいです。 幼い頃はニュースといえば難しいことか、誰かが怪我した、誰かが死んだ、誰かが結婚したとか、訳わかんなかったし。 みんな同じことばかりで、怖かった。

膨大な量のリプや反応、本当にありがとうございます!一つ一つ返事はできませんが、皆様が少しでも手話通訳について考えたり、福祉の進歩を感じたり、令和時代への期待を抱いだりしていただけたなら本当に幸いです。一聴覚障害者としてお礼申し上げます。

◆明るいイベントに変えた⁉

何が言いたいかって「元号変更」とかいう日本全国が喪に服すイベントを大喜利が出来る明るいイベントに変えた今上天皇はすごい。

@sironori @ktos_tw 確かに…‼️ 『平成』が発表された時は、今よりも慌ただしくて、もっと暗かったような気がします‼️

@sironori @nnbs0510 そう言う考え方好き。私は違和感しかなかったけど、ナルホドーってなった!

※参考

◆「時計を合わすって、なにそれ?」

「時計を合わすって、なにそれ?正確な時間?スマホがあるじゃん」って少年が言ってて、そういえば117の時報に電話するとか、テレビ画面の右上に表示される時刻表示とか、家で唯一の壁掛け電波時計とか、正確な時刻表示の前で目覚ましとか腕時計持って00秒でONしようとして構えてる光景見なくなったな

@hansuuuuuun 言われてみれば117の時報を利用することも時計とにらめっこしてピッタリに合わせることも、もうしばらくしていなくて懐かしく感じました。 自分の生まれ育った平成がいつでも自分にとって「今」だと思っていたけど、時間は流れ行くものなんだと、令和を目前に改めて実感させられました。

1 2 3