1. まとめトップ

【スニーカー】J·ビーバーも愛用するVANSの歴史を調べてみた!!!

若者に絶大な支持を得ているVANSについてのまとめ。。

更新日: 2019年06月06日

3 お気に入り 998 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

s.n.24さん

VANS

1966年にポール・ヴァン・ドーレン(Paul Van Doren)がジム・ヴァン・ドーレン(Jim Van Doren)、ゴードン・リー(Gordon Lee)、セルジュ・デリーア(Serge Delia)の3人と手を組み設立したスニーカーブランドだ。VANSというブランド名には、「ヴァンとその仲間たち」という意味がこめられている。

今の若者は社名の由来は知らないかな。。

VANSスニーカーの種類

日本ではABCマートが商標権を持っている

日本ではABCマートが1994年に商標権を取得し、ナショナルブランドとして独占販売を行っています。

日本で1番有名な靴屋

オーダーメイド!?

最初はスケートシューズとしてではなく、「The Van Doren Rubber Company」として、ラバーソールが売りのスニーカーを、オーダーメイドで生産をしていました。
1970年前半、同社特製のラバーソール(ワッフル・ソール)は、スケボーの上でも滑らずに安定した滑りが出来た為、当時のスケーターの間で人気となり始めました。

ロゴにもなっている“OFF THE WALL(一風変わった)”というキャッチフレーズは、1976年からデビューし、同年、ERAとして知られるモデルが、パッド入り・コンビカラーなどで発表されました。
BMXライダーからの支持が強いOLD SKOOLやスケーターの定番SK8-HIが飛ぶように売れ、その後、ヴァンズの代名詞ともなったSLIPONがカルフォルニアで大流行したことで、1980年代に入る前には、約70のショップをカルフォルニア内にオープンさせていました。

オーダーメイドのVANZを履いてみたい。。

経営破綻の危機

BMXライダーからの支持が強いOLD SKOOLやスケーターの定番SK8-HIが飛ぶように売れ、その後、バンズの代名詞ともなったSLIPONがカルフォルニアで大流行したことで、1980年代に入る前には、約70のショップをカルフォルニア内にオープンさせていました。

その頃、バンズの創始者であるポール・ヴァン・ドーレンが一線を退き、野球やバスケットボールのスニーカーなど様々な分野へ展開して行きました。

しかし大きく広げすぎた事業が上手く行かなくなり1984年に経営破綻します。裁判所はポール・ヴァン・ドーレンが社長として戻る事を条件に民事再生法を適用しました。

経営者ってやはり重要なんだな。。

ジャスティン·ビーバーも愛用

1