1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

現実にさよなら?!…各社発表の最新VR機器が凄過ぎる

Oculusから「Oculus Quest」、Valveからは「Valve Index」という新しいVR機器が発表されました。これは買い?

更新日: 2019年05月03日

12 お気に入り 19444 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

・一体型VR「Oculus Quest」が発表された

そのイベント初日において、同社傘下のVRヘッドセットメーカーであるOculusが新しい主力製品を発表した。

従来の全身トラッキングは、ハイエンド型VRヘッドセット「Oculus Rift」のようにVRヘッドセット本体のほかにPCと外部センサーが必要であった。

・VRの面倒臭さを取り除いたデバイス

最大の違いは自由に歩ける6Dofに対応する点。外部センサーは不要ながら、2m x 2mのフィールドを自由に動き回ることができます。

予約はすでにOculus公式サイトやAmazonで受け付けており、価格は64GBモデルが49,800円、128GBモデルが62,800円

「Oculus Rift S」の価格も49,800円であるものの、別途PCが必要になることを考えるとOculus Questが破格であることがわかる。

・Oculus Questは買い?

親にoculus quest買おうかな〜って言ったら「やめとけ」とか「あんなんいらんでしょ」とか言われると思ってたのに「いいじゃん」って言われて驚いてる 本当に買ってしまうかもしれない

Oculusquest 公式サイトで買ってもアマゾンで買っても値段変わらぬよね どうせOculusに会員登録せにゃならんのだから公式で買えばええ

Oculus Questの価格でVRの普及がどうのこうのって話、そもそもFacebook自身がOculus QuestをVRゲーム専用機として売り出してるので日本以外はそんな発想してなさそう。「VR業界のSwitch」が海外メディアにおけるQuestの代名詞だし、Quest用ビルドを作れるSDKは発売1ヶ月切っても非公開という、

・Valveも新しいVRを発表した

Valve、PC向けVRヘッドセット「Valve Index」の詳細スペックを発表 独自開発のSteam VR向けハイエンドソリューション… game.watch.impress.co.jp/docs/news/1182… #SteamVR #ValveIndex pic.twitter.com/jJ0KK0DvE4

かつて“Knuckles”として呼ばれていた新コントローラー「Index Controller」は、かねてより伝えられている通り指や手の動きをより詳細にトラッキング可能な仕組みと、着用式であることを特徴

・ヘッドセットの両サイドにスピーカーを搭載

オーディオは従来のような接触型のイヤホンやヘッドホンを採用せず、ヘッドセットの両サイドにスピーカーを搭載した非接触型のものとなった。

長時間プレイしても、痛みや圧迫感を感じず、新たな没入感を提供するとしている。

ベースステーションは、HTC Vive Proのものと互換があり、すでにHTC Vive Proを利用しているのであれば購入は不要。

1 2