1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

gmpediaさん

NBAのサラリーキャップ

NBAサラリーキャップ(NBA salary Cap)とは、アメリカ男子プロバスケットボールリーグのNBAにおいて、各チームが保有する個々の選手の契約額、および全選手の契約年俸の総額を、毎年一定の上限を設けて規定する制度である。

金額や条件などに関してはリーグとNBA選手組合との間での取り決めであるCBA(Collective Bargaining Agreement;NBA団体交渉協約)で定められている。いくつかの例外条項に限ってサラリーキャップの上限を超えることが認められるソフトキャップを採用している。そのため、キャップを超過した総額での契約が可能であるので、更にその上に超過に応じた課徴金としてラグジュアリータックス(Luxury tax)を設定している。 選手を育成しても年俸の上昇によって制限額を超過してしまい、手放さざるをえなくなるという悪循環から逃れる為、ソフトキャップを採用している。

実際のサラリーキャップ総額は、リーグの前シーズンの収益から算定され、シーズン毎に変更される。例えば2007-2008シーズンのサラリーキャップは、およそ5,500万US$で、2008-2009シーズンは、5,868万US$であった。

NBA年棒ランキング

10位.ケビン・デュラント(ゴールデンステート・ウォリアーズ)

生年月日:1986年6月3日
国籍:アメリカ合衆国
出身地:ワシントンD.C.
出身大学:テキサス大学
ドラフト:2007年3位
ポジション:SF
背番号:35
身長:206cm (6 ft 9 in)
体重:107kg (236 lb)

年棒:3,000万ドル(約33億9,700万円)

デュラントはもちろん史上最高との呼び声もあるほどのスコアラーです。

もっと上に位置していてもおかしくありませんが、所属するチームが何と言ってもゴールデンステート・ウォリアーズ。

ゴールデンステート・ウォリアーズはスタメン5人全員がオールスター選手と言うNBA史上最強ともいわれるチームです。

プレイだけじゃなく年棒に対しても利他的なデュラントは減棒を受け入れ、チームの優勝のみを目標にしているようです。

9位.マイク・コンリー(メンフィス・グリズリーズ)

生年月日:1987年10月11日
国籍:アメリカ合衆国
出身地:アーカンソー州フェイエットビル
出身大学:大学
ドラフト:2007年全体4位
ポジション:PG
背番号:11
身長:185cm (6 ft 1 in)
体重:79kg (174 lb)

年棒:3,052万ドル(34億5,400万円)

2016年7月2日には5年1億5300万ドルのマックス契約でグリズリーズと延長契約を結んだ。

しかし、新契約を結んで挑んだ2016年11月28日のシャーロット・ホーネッツ戦で脊髄を骨折する重傷を負った。

復活が期待されるマイク・コンリー。

怪我さえなければどれほどのスタッツを残していただろう。

学生時代からディフェンスには定評があり、スティールの能力に長けている。

オフェンスの方も年々向上しており、サウスポーの利点を活かして積極的にゴール前に切り込む。試合の重要な場面のショットを任されることも増え、今やリーグ屈指のクラッチシューターとして名を馳せている。

8位.ポール・ジョージ(オクラホマシティ・サンダー)

生年月日:1990年5月2日
国籍:アメリカ合衆国
出身地:カリフォルニア州パームデール
出身大学:カリフォルニア州立大学フレズノ校
ドラフト:2010年 全体10位
ポジション:SF
背番号:13
身長:206cm (6 ft 9 in)
体重:100.2kg (221 lb)

年棒:3,056万ドル(34億6,000万円)

2017年7月1日、ビクター・オラディポ、ドマンタス・サボニスとのトレードでオクラホマシティ・サンダーへ移籍

シーズン終了後FAとなり、自身の地元であるロサンゼルス・レイカーズへの移籍が予想される中、2018年7月に4年1億3700万ドルでサンダーと再契約を結んだ。

7位.ジェームズ・ハーデン(ヒューストン・ロケッツ)

生年月日:1989年8月26日
国籍:アメリカ合衆国
出身地:カリフォルニア州ロサンゼルス
出身大学:アリゾナ州立大学
ドラフト:2009年3位
ポジション:SG/PG
背番号:13
身長:196cm (6 ft 5 in)
体重:100kg (220 lb)

年棒:3,057万ドル(34億6,100万円)

2017年のオフにヒューストン・ロケッツと4年2,800万ドル(約285億1,700万円)のスーパーマックス契約を結ぶ。

その後、大型契約に見合うだけの活躍を披露、2017-2018年シーズンにはMVPを獲得した。

210cmのウィングスパンを活かした、攻撃のバリエーションが豊富な左利きのスコアラー。

オフェンスでは様々な引き出しを持ち、ピック・アンド・ロールを使いオフェンスを組み立てるのを好む。ドライブから引き付けてのパスや独特のリズムでのレイアップに持ち込んで得点するスラッシャーとしての一面もあれば、守りにくいとされる左利きで外角からの正確なジャンパーを放つシューターとしての一面もあり、PGとしてゲームメイクすることもできる。

12月31日のニューヨーク・ニックス戦では53得点16リバウンド17アシストを記録し、リーグ初の 1試合50得点15リバウンド15アシスト" の快記録を達成した

2018年1月30日にホームで行われたオーランド・マジック戦で60得点、11アシスト、10リバウンドを記録、NBA史上初となる60得点でのトリプルダブルを達成した。

1 2 3