1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

ピカチュウは許されたのに…実写版ソニックがやり直しの憂き目に

ハリウッド実写映画『ソニック・ザ・ムービー』のソニックのコレジャナイ感が物議を醸し、デザイン変更する事態に。一方、賛否両論あった実写映画『名探偵ピカチュウ』のピカチュウは許された模様。

更新日: 2019年05月04日

11 お気に入り 29387 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ソニックのデザインのコレジャナイ感がヤバい…

nyokikeさん

▼ベールを脱いだハリウッド実写映画『ソニック・ザ・ムービー』が物議を醸した

ハリウッド実写映画『ソニック・ザ・ムービー』の日本公開が2019年12月に決定。特報映像、ポスタービジュアルが解禁となった。

1991年に記念すべきゲーム1作目が株式会社セガ・エンタープライゼス(現・株式会社セガゲームス)から発売され、目にも止まらぬスピードでゲームステージを駆け抜ける革新的なゲーム性と、音速で走る青いハリネズミ・ソニックのクールなキャラクターが日本をはじめ、世界のゲームファンの心をつかみ、愛され続ける「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」シリーズ。

2014年にセガ・オブ・アメリカと同社が協力して製作と発表されてから5年目を迎えましたが、実写の世界で動くソニックの全貌がようやくお披露目となります。

・えっ?!これがソニック…漂うコレジャナイ感にデザイン変更が宣言された

ティザーポスターが公開されたタイミングから漂っていた「コレジャナイ感」が現実のものとなり、公開された予告編には高評価よりも低評価の方が多く集まることとなり、同作品で監督を務めるジェフ・ファウラー氏は自身のTwitterアカウント上でソニックのデザイン変更を約束する事態にまで発展しています。

Thank you for the support. And the criticism. The message is loud and clear... you aren't happy with the design & you want changes. It's going to happen. Everyone at Paramount & Sega are fully committed to making this character the BEST he can be... #sonicmovie #gottafixfast ✌️

「サポートと批判をありがとうございます。僕からのメッセージはハッキリしています。ユーザーはソニックのデザインに満足しておらず、デザインを変更してほしいと考えており、デザイン変更がまさに起ころうとしているということです。(映画の配給元である)パラマントおよび(映画の版権元である)セガのスタッフ一同は、このキャラクターを最高のものにするため全力を尽くしています」

▼Twitterでは許されざるソニックがイジられまくっていました

ソニックファンの力は凄いですね。良い方向に向かうと良いですね。ソニックを愛してくれて本当にありがとうございます。 映画「ソニック・ザ・ムービー」のデザインが変更へ。製作側が折れる | AUTOMATON automaton-media.com/articles/newsj…

実写の【ソニック】全身体毛に覆われて靴下に靴ってスタイルがジワジワくる。そして、ジム・キャリー演じるドクター・エッグマンは意外と好みです。 pic.twitter.com/xsV4kN6h6U

ソニック実写版のキャラ変更の件、CGの製作を知る人は「うわ」って反応なのに、そうでない人は「CGだぁら簡単でしょ」という反応になるのが切ない。CGも手描きと同じようにアーティストの血と汗の結晶で、大変なんだけど、通じていない。

あの実写ソニックがソニックっていう役割を剥奪されてオープニングで世界中から「こんなのソニックじゃない!」「誰だお前!」「帰れ!」って盛大にブーイングされる中で「じゃあ…俺は…誰なんだ…?」っていう独白から始まるサイコサスペンス映画ぜったい面白いでしょ

実写ソニックなんて全然可愛い方だろ。スーパーマリオのヨッシーなんてこれだぞ…。 pic.twitter.com/wQ6XBhKCbj

▼実写映画『名探偵ピカチュウ』のデザインも賛否両論ありましたが、先日公開されました

テレビアニメや映画化などもされ、世界中で愛され大人気の『ポケモン』初となるハリウッド実写映画『名探偵ピカチュウ』が、3日より日本先行で公開されている。

キモソニックが話題だけど個人的には実写版ピカチュウさんもポイント高い。後楽園のWINSにこういうおっさんいたぞ( pic.twitter.com/JRJZ9YM6uX

実写版のピカチュウが初めてお披露目された際には、インターネット上で賛否両論のさまざまな意見が飛び交いました。しかし、ミュウツーが登場した最新の予告編が公開されて以降、インターネット上ではその中の1シーンが「しわしわピカチュウ」として人気を集めるようになってきています。

見どころのひとつは、おっさん口調で人間の言葉を話す“名探偵ピカチュウ”で、それを『デッドプール』主演のライアン・レイノルズが演じている。

この日、サプライズで西島が日本語吹替版のピカチュウを担当していることが発表されると大歓声。“ピカ島秀俊”と紹介されると照れ笑い。オファーの感想を問われると「プレッシャーで…。必死で一生懸命やらせていただいた」と振り返った。

同作は、大人気ゲーム『ポケットモンスター』に登場する人気キャラクター・ピカチュウを題材にしたゲーム『名探偵ピカチュウ』が原作。主人公のティム・グッドマンが、ライムシティという街を舞台に、相棒のピカチュウと一緒に謎を解きながら、事件に巻き込まれた父親を探すミステリーアドベンチャーとなっている。

・中国やフランスの映画ポスターも話題になっています

『名探偵ピカチュウ』の中国版ポスターがとにかく可愛いし黄色いしもうどうしたら。 pic.twitter.com/jMy4Y8ZtFF

『名探偵ピカチュウ』キャラクター別ポスターもめちゃくちゃ可愛いので見て欲しい。中国気合入れ過ぎでしょう。 pic.twitter.com/nRC602vig1

「ピカピカ」ピカチュウ語の広告が話題に news.nicovideo.jp/watch/nw5247212 ネットでは「フランスだとピカチュウはフランス語しゃべるのかな」「いい宣伝だ」「ピカピカで全部通じるよ。英語よりもいい言葉だ」「ピカチュウは本当にかわいい」といった声が上がっている。 pic.twitter.com/jvclUeeeVA

1 2