ティザーポスターが公開されたタイミングから漂っていた「コレジャナイ感」が現実のものとなり、公開された予告編には高評価よりも低評価の方が多く集まることとなり、同作品で監督を務めるジェフ・ファウラー氏は自身のTwitterアカウント上でソニックのデザイン変更を約束する事態にまで発展しています。

出典実写版「ソニック・ザ・ムービー」に登場するソニックのデザインが不評過ぎて映画監督がデザインの変更を約束 - GIGAZINE

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

ピカチュウは許されたのに…実写版ソニックがやり直しの憂き目に

ハリウッド実写映画『ソニック・ザ・ムービー』のソニックのコレジャナイ感が物議を醸し、デザイン変更する事態に。一方、賛否両論あった実写映画『名探偵ピカチュウ』のピカチュウは許された模様。

このまとめを見る