1. まとめトップ
  2. カラダ

ココロは大丈夫?!…GWが終わる今だから備えたいこんなコト

これまで5月病のまとめはたくさんありますが、GW明け前の今だから備えたいですね。

更新日: 2019年05月05日

33 お気に入り 152325 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

・GWもあと少しになってきた

長期休みの10連休となった今回、旅行先でゆっくり過ごしたり、レジャーを楽しんだりしている人も多いのではないだろうか?

今年は連休が例年より長く、過ごし方によっては連休明けに生活リズムを取り戻せない、やっかいな「連休ボケ」を招きかねません。

年度が替わり、学校や職場などの生活環境が変わって間もない頃、目立った病気などがあるわけでもないのに「なんだか調子が良くない」と感じてしまう。

・そろそろ感じ始めている…。

お掃除したいのにやる気が出ない~やる気スイッチどこー

この10連休を楽しみに頑張ってきた私にとって、もう連休が終わりそうってことが憂鬱すぎる。 今日、明日は休みやけど早くも5月病発動

ものすごく眠いしなんか病んでる気がするし… 5月病じゃね?

眠い、疲れた、やる気が出ないの欲張り3点セットなので無限に甘やかされたい。

・改めて考えたい「五月病」のコト

その状況がゴールデンウィークを経ても改善しない――。こうした症状は、一般的に「五月病」と呼ばれます。

「五月病」と言うもののこれは正式な病名ではなく、病院では適応障害と診断されることが多い

初期は「やる気の消失」「食欲の低下」「不眠」といった症状がみられ、悪化すると本当に学校を休んでしまったり、欠勤をしてしまう人も

「今年は10連休と長いことから重症の五月病が増えるのではないかと危惧しています」と言うのは、ウェザーニュース気象病顧問アドバイザーで愛知医科大学客員教授・中部大学教授の佐藤純先生

・予防するためにどんな過ごし方をすればいい?

体の疲れをとるもっとも簡単で有効な方法は、「眠ること」だそう。

「最低6時間、できれば7時間、連続で眠りましょう。連続で、というのは夜+昼寝とか、夜+通勤時間で6時間睡眠ではダメということです。夜布団に入ってから、朝起きるまで、しっかり6〜7時間眠りましょう。」

精神科医で産業医でもある奥田弘美先生

寝る前にカーテンを少し開けたり、遮光性の低い素材を選ぶなど、太陽の光が入るようにしておくと、体のリズムを整えやすいのでおすすめ

・「心」を休ませる

最近疲れているな、と感じている人は、心のケアのためにも休養をとる必要があるようです。

「疲れているけど頑張って出かけよう」、という無理はやめたほうがいいようです。

「根詰めてやるよりも、まずはリセット、リフレッシュする時間が大切です。そこでこの10日間の連休をよい機会として、体も心も十分に休むようにしましょう。リフレッシュできた後で頑張ることは否定しませんが、まずはこれを意識してください。」

産業医で一般社団法人日本ストレスチェック協会の武神健之代表理事

・GW後半は夜更かし習慣を改める日に

1 2