1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

サバイバルアクション『オーヴァーロード』も!今週末公開の「おすすめ映画」

2019年5月第2週末公開の「おすすめ映画」5作品。横浜流星×中尾暢樹『チア男子!!』、水谷豊監督『轢き逃げ 最高の最悪な日』、アニメ『甲鉄城のカバネリ 海門決戦』、サバイバルアクション『オーヴァーロード』、ホラー『ラ・ヨローナ 泣く女』。

更新日: 2019年05月19日

7 お気に入り 6743 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『オーヴァーロード』(5月10日公開)

「スター・ウォーズ」「ミッション:インポッシブル」シリーズなど数々の話題作を手がけるヒットメイカーのJ・J・エイブラムスがプロデューサーを務めたサバイバルアクション。

第二次世界大戦末期の1944年6月に行われたノルマンディー上陸作戦の裏側で、密命を受けて教会の電波塔の破壊へ向かった連合国軍の兵士たちが、ナチスの恐るべき研究によって生まれた得体の知れない敵と戦う様が描かれる。

『ガンズ&ゴールド』などのジュリアス・エイヴァリーがメガホンを取った。『フェンス』などのジョヴァン・アデポ、『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』などのワイアット・ラッセル、『ある戦争』などのピルー・アスベックらが出演。

『オーヴァーロード』試写会。J.J.エイブラムス製作のナチス極秘人体実験ものという時点で期待値は高め!米軍の落下傘部隊のよくある機内の軽口から始まるもあっという間の超ド級の爆撃シーンの迫力にビビるw 独軍の秘密の血清を知り…兵士vsゾンビの爆破&銃撃&火炎放射器の連続技に大興奮!オススメ! pic.twitter.com/8Lp3i7dPOG

#オーヴァーロード 試写会 久々に気合いの入った⚔️☠️映画を観た。緊張しっぱなしのノルマンディー上陸作戦が舞台だが、観賞後はニヤリ。ポスター見て想像してね。こんな15禁映画、しかも #JJエイブラムス の製作、最近は珍しく、好きな作風。紅一点のクロエ姉が最高にイイ味だしてた70 #Overlord pic.twitter.com/a7py4D6dm5

◆『ラ・ヨローナ 泣く女』(5月10日公開)

中南米に古くから伝わる怪談「ラ・ヨローナ」を題材に、「死霊館」シリーズのジェームズ・ワン製作で描くホラー。

自らの子どもたちを溺死させたあげく、後悔の念から正気を失い、入水自殺した女ヨローナ。水のあるところに現れるというヨローナの呪いにふれた女性とその子どもたちに襲いかかる恐怖がつづられる。

マイケル・チャベス監督がメガホンを取り、『グリーンブック』などのリンダ・カーデリーニが母親を演じる。共演は、マデリーン・マックグロウ、ローマン・クリストウ、レイモンド・クルツ、パトリシア・ヴェラスケスら。

日本最速ホラーナイト試写会にて鑑賞 プール、お風呂、水たまり、なんならたった一滴の水さえあればどこでも襲ってくるラ・ヨローナ。そんな逃げ場のなさすぎる恐怖感を体感するべき!! そして死霊館シリーズファンは絶対見てほしい作品!!!怖かった、、。 5/10 公開 #ヨローナ #泣く女 pic.twitter.com/hZXsGjrhJZ

ラ・ヨローナの試写会行ってきました! やっぱジェームズ・ワンのホラーはいいね 何度もビクッ、ドキッとさせられるし、あの姿が怖いよ アナベルに出てきた神父さんも出てきたり、死霊館シリーズ好きならより楽しめると思います #ヨローナ #泣く女 pic.twitter.com/JlnAnIc6sN

◆『甲鉄城のカバネリ 海門決戦』(5月10日公開)

2016年に放映されたアニメ「甲鉄城のカバネリ」の劇場版。

近世から近代へと移り変わろうとしていた頃の極東の島国・日ノ本(ひのもと)を舞台に、「カバネ」と呼ばれる不死の怪物たちを相手に生き残りをかけて戦う人々の姿を描く。

アニメ版に続き、監督は『進撃の巨人』シリーズなどの荒木哲郎、キャラクター原案を『マクロス』シリーズなどの美樹本晴彦が手掛け、ボイスキャストとして畠中祐、千本木彩花、内田真礼らが名を連ねた。

甲鉄城のカバネリ海門決戦、完成披露試写会に参加致しました!劇場の方はめっちゃめちゃ面白くて、3年前のテレビ放送を思い出してまた観たくなってしまいました。相変わらず無名ちゃんがかわいい!強い!かっこいい! #カバネリ

『甲鉄城のカバネリ 海門決戦』試写会行ってまいりました。 冒頭から引き込まれる世界観。日常から戦。戦から日常。人が人を想う気持ち。 これだけ見応えあって、70分弱ほど… あっという間なのに、心に何か打ち込まれたような感動。 この先の言葉は皆様の目で耳でお確かめくださいませ!! twitter.com/anime_kabaneri…

◆『チア男子!!』(5月10日公開)

「桐島、部活やめるってよ」「何様」で知られる直木賞作家の朝井リョウが実在する男子チアチームをモデルにし、アニメや舞台にもなった同名小説を横浜流星と中尾暢樹の主演で実写映画化。

1 2