昔のように皇族か華族という家柄じゃないとダメ!みたいなルールはなくなっているとしても結婚を考える相手ができた時には詳しく調査されるのです。

・相手の一族に犯罪者や事件を起こした人がいないこと。

・皇族としての品位を維持できる程度の安定した職業に就いていること。

・皇室の方の結婚相手として相応しい人格か。

・外国人でないこと。

・相応の教養があること。

家柄云々というよりも上記の条件に見合った人かどうかという点を見られるようです。

出典皇室宝塚見聞録

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

このまとめを見る