もしこれが真実なら、非常に大きなタブーになり、多布施という場所は、北朝鮮の被差別部落民にルーツがあると言われています!

明治天皇がすり替えられた別人であるという証拠となるのが、次のエピソードになります。

● 明治天皇は左利きで、当時はこれを良くないと受け止められていて、高貴な家で育った子供は必ず矯正されていたので左利きはおかしい
● 睦仁親王は虚弱体質で神経が細やかだっただけでなく、禁門の変が起こったときは恐怖のあまり失神しているのですが、即位した明治天皇は身長が180cmで体重90kgという堂々とした体格で、側近と相撲をとったときには相手を投げ飛ばしたほどの力を持っていた
● 明治天皇の側近だった田中光顕が、生前にこの話をしていて証言をした

このような証拠などがあるため、このタブー情報は、皇室や天皇関係の研究をしている人たちの間ではよく知られているそうです。

出典天皇家・皇室の秘密と16のタブー

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

このまとめを見る