1. まとめトップ

食欲の秋に向けて!ダイエットに一番大事なのは目標の立て方!やる気を引き起こすような目標を持つ

ダイエットの成功率を上げるためには幾つかのポイントがあります。これらのポイントを守って目標を設定することにより、目標設定せずにダイエットする場合よりも、成功率を上げることができます!

更新日: 2019年09月01日

1 お気に入り 4613 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

気になるニュースを料理します。皆様の役に立てるよう頑張ります。

hayate15さん

①リアリティの高い達成目標を決める

1、目標を有形・無形に分けて書き出す

「5kg痩せたいな〜」というような目標ではなく、達成目標を見るだけで、すでに目標を達成しているかのように感じれることが重要です。

ダイエットの目標とはなんでしょう。

普通に考えると"痩せる""何kgまで落とす"などの目標を立てやすいですが、実際は"ダイエットを続けること"が目標です。

つまり、ダイエットを続けやすくするための目標を立てることが望ましいと考えます。

2、書き出した達成目標を、7つのチェックポイントを守って文章にする。

①自分の価値観に沿った目標か?
②主語が私になっているか?
③目標には期限を決めているか?
④数値化して具体的になっているか?
⑤現在形でリアルになっているか?
⑥自分・他者、有形・無形の目標を含めているか?
⑦ポジティブな感情を含めているか?

ダイエットの成功率を上げる目標設定方法

②具体的な行動目標を決める

4つの要素に分けて行動目標を決める。

①目標設定
②運動
③栄養
④休養

この4つの要素です。

この4つの要素で、毎日やるべき行動を決めていきましょう。

③ルーティン行動目標チェックシートに毎日チェックを入れる

1日の最後に、必ずチェックするようにしましょう。時間はさほどかかりませんので、サボらないことが重要です。

このルーティン行動目標チェックシートが毎日チェックできないということだったら、あなたは本気でダイエットする気がないと思った方がいいでしょう。

1日数分もチェックすることができないのだったら、何事においても成果は出ないと思います。

④定期的に測定する

イエットの場合に重要なチェック項目は、体重ではなく「体脂肪量」と「筋肉量」です。体脂肪が減っているのに、体重がしばらく変わらないというのは結構あります。

⑤継続するor修正する

定期的に測定を行って、ダイエットがうまく進んでいれば、そのままルーティン行動目標チェックシートに○がつくように継続していきましょう。

もしダイエットがうまくいっていないのであれば、行動と成果の間にタイムラグが出ているか、行動目標が間違っています。

ダイエットの目標設定のコツは、ゆっくりめで行うこと!

あまり無理がなく続けれるくらいが、ほとんどの方にとっては丁度いいです。色々なリバウンドがきにくくなります。

ぜひダイエットの目標設定は、少し緩めに、ゆっくりめで行うようにしましょう。その方が最終的に成功しやすくなりますよ!

やる気を引き起こすような目標を持つ

よくあるダイエット方法だと"45kgまで痩せる""体脂肪を10%まで落とす"など、数字にフューチャーした目標を設定しがちですが、これは人間の潜在意識的に意味がないんです。

確かに痩せたら楽しいけど、モチベーションに繋がる様な目標ではないんです。"45kgまで痩せたら何をしたいか"という事をゴールに盛り込んでください。

1