1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

この記事は私がまとめました

nomado-kimocさん

ガラスの城の約束

ジャーナリスト、ジャネット・ウォールズの自叙伝を、『ショート・ターム』のブリー・ラーソンとデスティン・ダニエル・クレットン監督が再び組んで映画化。

ヒロインにラーソンがふんするほか、両親を、『スリー・ビルボード』などのウディ・ハレルソンと『インポッシブル』などのナオミ・ワッツが演じる。

ショート・タームも、ヒップ・スターも最初はカリコレ上映だったからデスティン監督といえばカリテなイメージなんだけど、『ガラスの城の約束』も安定のシネマカリテだよ!!! 6月14日から。 pic.twitter.com/BelCjQvA17

ハウス・ジャック・ビルト

映画『ハウス・ジャック・ビルト』が、2019年6月14日(金)に新宿バルト9、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国で公開される。

『ダンサー・イン・ザ・ダーク』『アンチクライスト』などのラース・フォン・トリアーが監督を務めたスリラー。殺人に明け暮れるシリアルキラーの12年を描く。

『クラッシュ』などのマット・ディロンをはじめ、『ヒトラー ~最期の12日間~』などのブルーノ・ガンツ、『キル・ビル』シリーズなどのユマ・サーマン、『アメリカン・ハニー』などのライリー・キーオらが出演。

楽園、閉鎖病棟、メランコリック、ハウス・ジャック・ビルト、さよならくちびるが今のところ気になってる。是非とも劇場で観たい。

『ハウス・ジャック・ビルト』予告編 6/14(金)公開! youtu.be/lawDY_9-odA @YouTubeより トリアーの新作観たいなあ。吐くほどおもしろい体験したい

パピヨン

チャーリー・ハナムとラミ・マレックが共演した映画『パピヨン』の公開日が6月21日に決まり、日本版ビジュアルが公開された。

作家アンリ・シャリエールの実体験に基づく小説を映画化した脱獄映画『パピヨン』をリメイク。孤島に送られた終身刑囚の脱獄劇を描く。

監督は、第31回東京国際映画祭審査委員特別賞を受賞した『氷の季節』などのマイケル・ノアー。

5月中はそんなに注目してる映画無いんだけど、6月になった瞬間アラジン・MIB・パピヨンって忙しくなる

X-MEN:ダーク・フェニックス

6月21日に公開される『X-MEN』シリーズ最新作『X-MEN:ダーク・フェニックス』より、新たな場面写真が公開された。

世界中でヒットを記録した『X-MEN』シリーズの第7弾となるアクション大作。前作でX-MENを勝利に導いたジーン・グレイのもう一つの人格が、思わぬ事態を引き起こす。

監督は同シリーズの製作や脚本などに携わってきたサイモン・キンバーグ。

1 2