1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

ここでは転職で迷っている方のための判断方法をご紹介します!転職というのは適当な判断でしてしまうと、転職後の人生すらおじゃんにしてしまう可能性があります。自分が本当に転職するべきなのか、はたまた今回は見送ったほうが良いのか本ページのまとめを参考にして判断してみて下さい。

転職はノリや勢いでしてしまうのはナンセンス

昨年に現在の会社へ入社しましたが、転職活動中に聞いていた内容と実際の業務に乖離があり、やりがいを求めて入社したものの、後悔の念に駆られています。

入社時にしっかりと確認できなかった私が反省をしなければならないということもわかっています。

辞めてしまってから、「しまった!やっぱり続ければよかった」と思っても、もう戻れません。

感情的に辞めてしまう前に、一旦、冷静になって、客観的に考えてみましょうねポイント

多くの人が「とりあえず」と転職エージェントに登録し、次から次へと企業を紹介され、情報の海におぼれてしまう例が跡を絶ちません。

出典転職の思考法

転職したい理由1.上司がパワハラ

明らかパワハラな場合は、精神疾患になる前に転職の決断をしましょう。

一番の資本は健康な体です。
病院に通院することになったとなるとあなただけが損をしてしまいます。

「うつ病を引き起こす原因はひとつではない」ので、3つの期間がそれぞれどれくらいの時間を要するかは、状況によってたいへん幅があります。急性期が1か月~3か月、回復期が4か月~6か月、再発予防期が1年~、というのが典型的なうつ病の場合の大まかな目安となります。

このように、うつ病にかかってしまうと、キャリア形成の妨げになってしまいます。

転職したい理由2.キャリアアップに繋がらない

現職があなたのキャリアに繋がらないのであれば、転職を本格的に考えても良いでしょう。

なぜなら、この先仕事というのは何十年もあなたと共にします。
いやいや仕事するなんて、なんか損じゃないですか?

どうせなら仕事はやりがいを感じたりした方が人生得です。

すばらしい仕事をするには、自分のやっていることを好きにならなくてはいけない。

まだそれをみつけていないのなら、探すのをやめてはいけない。安住してはいけない。

心の問題のすべてがそうであるように、答えを見つけたときには、自然とわかるはずだ。

転職したい理由3.給与の不満

生活費というのは常にあなたへと引っ付いてきます。

もし、将来的に不安があり給与アップも望めないのであれば転職をした方が良いでしょう。
もちろん、年齢やキャリアなどにもよりますので、この理由で転職する人たちはしっかりとしたリサーチのもとに転職活動をする必要があります。

おすすめ転職方法

転職の手順としては、

1.自己分析

2.企業分析

3.面接対策、書類対策

の順で進めていくのが良いでしょう

転職で迷った時に自分に言い聞かせる言葉・名言

転職活動を成功させるために必要なことの一つは、スキルを明確にし、客観的に把握することです。

今日が人生最後の日なら、今やろうとしていることは本当にやりたいことか?

スティーブジョブズの名言になります。

多くの選択肢から「この一手」を選べるのは自分しかいないわけです。

こちらは羽生善治の名言になります

自分自身が何をしたいか、それを忘れてはいけません。

こちらは、日本とメジャーで活躍したイチローが発言した名言になります。

転職でどうしても迷った時はサービスに相談してみる

1 2