1. まとめトップ

ロシアの絶品スープのボルシチ

世界三大スープのひとつに数えられるロシアのスープ料理のボルシチ紹介まとめです。

更新日: 2019年05月06日

1 お気に入り 366 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ボルシチ大好きです。

moepapaさん

ボルシチとは

ボルシチ(ウクライナ語: борщ , [ボールシュチュ])は、テーブルビート(ビーツ)をもとにしたロシアの伝統的な料理で、鮮やかな深紅色をした煮込みスープである。
近世以後、ベラルーシ、ポーランド、モルドバ、ラトビア、リトアニア、ルーマニア、ロシアなどの東欧諸国に普及した。ポーランドとロシアでは自国の料理であると主張する意見も多い。現在、東欧文化圏のほかに、中央ヨーロッパ、ギリシャ、イランや、北米在住の東欧系ユダヤ人によっても作られており、多くの国で世界三大スープとして好まれている。

ボルシチは、テーブルビートとタマネギ、ニンジン、キャベツ、牛肉などの材料を炒めてから、スープでじっくり煮込んで作る。但し、スープの中身は決まっているわけではない。それ以外の具としてソーセージ、ハム、ベーコン、肉だんご、鶏肉などの肉類や魚のから揚げ、ズッキーニ、リンゴ、インゲンマメなどを使ったりもする。

ボルシチの素材は地域によって異なり、特にウクライナでは地方ごとに40種類以上のバリエーションがあるが、いずれもスメタナ(サワークリーム)を混ぜて食べることと、主材料にテーブルビートを使用している点は共通している。仕上げに入れるハーブはディルが多いがイタリアンパセリでも代用ができる。
ボルシチを特徴づける鮮やかな深紅色は、テーブルビートの色素によるものである

人気のボルシチ

さすが世界三大スープと言われるだけあって、日本でも人気で、お店や家庭でよく作られます。

評判

ガルパンのプラウダ戦見てボルシチが食べたくなったから作った!!(ビーツ入ってないけど……) pic.twitter.com/Af2DuOTHys

ロシア料理食べてきた!!!スパシーバ店員さんのピロシキとボルシチの間違えを私もそのまま間違えて言ってしまい、店員さんに恥をかかせてしまった… pic.twitter.com/uVOEhipvn4

口シア紅茶が気になって、お店に入ったけど、普通にボルシチもピロシキもストロガノフも美味しかったなぁ✨✨ pic.twitter.com/YzTn7Dhm8S

鹿児島キャンプ2泊目の焚き火メシは、ビーフストロガノフです! 昨晩のボルシチ同様、エスビー食品のビーフストロガノフの元を使ってます。 このエスビーのシリーズ、「旅する世界の一皿」っていうんですけど、すごく良い! 簡単にいつもと少し違う煮込み料理ができちゃいます。キャンプに向いてる! pic.twitter.com/29Zi7IvSeY

#ぴーやんの今日のヒンナ ロシア料理をフクースナー ブリヌイ、ペリメニ、ボルシチ、クリームブリュレ 先遣隊のみんなもボルシチ食べてたんだなぁと(´;ω;`) pic.twitter.com/GxEHF0EbhL

今日はモスクワ・プリュスシェミでボルシチ、ビーフストロガノフ、ピロシキ、そして食後にロシアンティーを頂きました。 とても美味しかったです。楽しいひとときを過ごせました。 pic.twitter.com/piUmCZh1rv

1 2