1. まとめトップ

ホテルのブラック労働の実態とは?就職前に知っておきたいホテル業界

ホテルのブラック労働の実態についてまとめました。ホテル業界に就職する前にホテルの事を知っておくことが大切になります。

更新日: 2019年05月07日

1 お気に入り 4676 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

misukiruさん

ホテルを経営、運営する企業は、ホテルという形態がそもそもとして労働集約型です。また、お客さまへのサービス業とも言えるため、多くの従業員を雇用することが必要です。

◆ホテル全体がブラック労働の実態

一部の高級ホテルなどを除いてホテル業界全体が、しんどい仕事を課せられるブラック業界の傾向があるということは言えるかと思います。

接客経験ゼロの素人が、お仕事を開始して数日後にはお部屋にお食事を出したりしているなんて、信じられますか?ビックリですね。

◆不規則な勤務で体がボロボロ

個人的に非常に辛かったのが、この日勤と長時間の夜勤の勤務を繰り返す様な不規則な勤務形態でした。

日によって違いますが、大体の求職者の方ができれば避けたい時間帯が、ホテルマンの当たり前な労働時間帯になります。

翌日が日勤なのに夜になっても眠れない、逆に夕方から夜勤なのに朝のうちに眠れないという感じで、夜勤と日勤が不規則に繰り返される為に完全に生活と睡眠のリズムを崩してしまいました。

◆給与がアルバイト並みに低い

10年前後は正社員として勤めている30歳前後の中堅で役職持ちのフロントの上司の場合も、月間300時間労働で給与の額面は月給25万円弱、手取りでギリギリ20万円

私が25万円弱とお伝えした額は、都心部のホテルマンの場合であり、郊外や地方の場合になると、その額は20万円を下回る給料になります。

仕事内容としてはそこまで高度なスキルや能力を必要としませんが、労働時間などの労働条件が厳しく、その上給料が安い

◆フロント業務の忙しさ

フロントの業務としてこの客室の予約管理や予約の電話受付なども接客と同時にこなさければならないため、宿泊客が殺到するラッシュの混雑時のフロントは戦場の様な忙しさとなるのです。

◆フロント・ボーイの兼務

私のホテルでは経費削減のためにボーイを雇わずフロントマンがボーイの仕事も兼ねていました。

◆丁寧な言葉遣いが身に付く

ホテルマンとしての仕事を通じて、他人への気づかいや、丁寧な言葉づかいを身につけることができました。

特に気をつける必要があるのは「言葉づかい」

◆最初に派遣社員として仕事するメリット

今後もそのホテルで長く働きたいと思ったときの場合なのですが、派遣期間のうちに人間関係や仕事内容、残業量などを把握できます。

1