1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

100万種が絶滅危機…人類の「地球破壊」が深刻すぎる

この報告を受け、皆さんは何を感じましたか?

更新日: 2019年05月07日

8 お気に入り 16949 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼性の高い報道と皆さんのツイートを基に作成しました。

manuronaldさん

■多種多様な生物が存在している地球

既知の総種数は約175万種で、哺乳類は約6,000種、鳥類は約9,000種、昆虫は約95万種、維管束植物は約27万種。

しかし、まだ知られていない生物も多数存在し、専門家によってばらつきはあるものの、ざっと870万種前後と推定されている。

■そんな生物の多くが、人類の活動によって絶滅の危機に瀕している

国連の科学者組織は6日、「人為的影響により最大100万種に及ぶ生物が絶滅の危機に直面する恐れがある」という報告書を発表した。

■詳細

報告書をまとめたのは、世界130か国の専門家が参加する「生物多様性および生態系サービスに関する政府間科学政策プラットフォーム(IPBES)」。

報告書によると、人間活動で世界の海域の66%が影響を受け、湿地の85%は消滅し、16世紀以降に少なくとも680種の脊椎動物が絶滅。

過去40年で絶滅リスクは上昇し、約25%の動植物(両生類40%以上、造礁サンゴや海生哺乳類約33%、昆虫約10%)が危機に直面。

現在の絶滅速度は、過去1000万年間の平均に比べて10~100倍以上で、さらに加速しているという。

■6回目の「大量絶滅事象」が進行中

「今後、50万~100万種が絶滅の危機にさらされることとなり、その多くは数十年以内に危機的状況に置かれる」と予測。

地球に生命が繁栄してから5億年が経つが、多くの専門家らは、6回目の「大量絶滅事象」が進行中だと考えている。

100万種類単位で絶滅の危機とか胸が苦しくなるな 実際ぼくのこどもの頃と比較すると、いきものの種類が少なくなっているイメージあるもん(こどもの頃は記憶が新鮮だったからかもしれんが)

動植物100万種が絶滅の危機にっていうLINEニュースを目にして、人間でいることが嫌になりました。過剰な人間活動が地球を動植物を苦しめてることを想像したら、人間はなんのために存在してるんやろう、、地球のごみでしかないやん。とか、考え始めちゃってしんどいです。

■これらは人類にも深刻な影響を与える

人類は”生態系や自然からの恵み”によって生活している

人は自然から食料や薬、燃料を得ており、世界の食用作物の75%以上が動物による花粉媒介を必要としている。

また、サンゴ礁などの沿岸生態系は高潮被害のリスクを抑え、陸と海の生態系は人が排出する二酸化炭素を吸収している。

食料やエネルギーなどが不足

花粉媒介生物の減少により最大年5770億ドル(約64兆円)相当の穀物生産が失われるほか、生態系やサンゴ礁の劣化で沿岸地域の防災機能が低下し、1~3億人が洪水などの被害を受ける。

また、生物の多様性が失われることは、環境に適応したり、さまざまな環境から身を守ったりする力を弱体化させることに繋がる。

社会変革を伴う対策がなければ、生態系や自然からの恵みが減少する傾向は2050年以降も続くと予測している。

1 2