1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

信頼性の高い報道と皆さんのツイートを基に作成しました。

manuronaldさん

■2018-19シーズンのプレミアリーグも残り1試合

■”史上最も壮絶”な優勝争い

現地時間4~6日にかけて行われた第37節で、リヴァプールはニューカッスルに3-2、マンチェスター・シティはレスターに1-0と勝利。

この結果、首位マンチェスター・シティが勝ち点95、2位リバプールが勝ち点94と、その差はわずか『1』に。

シティは、現地時間13日に開催される敵地でのブライトン戦で勝利すれば、プレミアリーグ制覇を達成。

一方、自力優勝の可能性が消滅しているリヴァプールは、今シーズンわずか1敗ながら優勝を逃す可能性がある。

プレミアリーグ創設以降のリーグ戦における最多勝ち点記録を更新

2位に終わったチームは、プレミアリーグ史上最も“惜しかった”チームということになるかもしれない。

プレミアリーグがついに終わる。自力優勝が消えたリヴァプール。37戦1敗で優勝できないとかどんだけ過酷なリーグなんだよ笑 クッソ面白いな〜 pic.twitter.com/MzO98Mj1bJ

プレミアリーグやばいな。 試合数×2.5の勝ち点でも優勝できないのか。。 最後シティがしっかり勝つかも正直わからんけど。

バイエルン一強のブンデスリーガはつまらん。ユーヴェ一強のセリエAもつまらん。レアルが死んでメッシ無双になったリーガもつまらん。金満PSGもつまらん。それに引き換えプレミアの楽しさよ。

■CL出場権争いはほぼ決着

チェルシーの4位以内が確定

上位4クラブに与えられる来シーズンの欧州CL出場権は、すでにシティとリヴァプールの2位以内が確定。

残り2枠を争うなか、第37節でチェルシーがワトフォードに3-0で勝利したため、4位以内が確定。

トッテナムもほぼ確定で、アーセナルはELに望み

4位トッテナムと5位アーセナルの勝ち点差は『3』も、得失点差が『8』もあるため、トッテナムのトップ4入りがほぼ確定。

アーセナルはELで準決勝まで残っているため、優勝すれば来シーズンのCL出場権を獲得することができる。

バレンシア、フランクフルト、アーセナルっていうCL危ういチームが3チームあるのに、CL決まってるチェルシーがいるの場違いだから辞めて欲しい

前に言ったけどアーセナルがCL取れなかった場合は今シーズン限りで海外サッカーファンからドロップアウトするつもり

■個人賞争いもアツい

プレミアの個人賞は3つ

1 2