1. まとめトップ

「吾妻山(あづまやま)」の噴火警戒レベル数値で気象台が揺れている?!調査したのに...10日に再調査

福島と山形にまたがる吾妻山(あづまやま)で火山性地震が増加。気象庁は噴火警戒レベル1を継続。現地調査・5月6日の火山性地震。吾妻山の噴火警戒レベル2に引き上げ#吾妻連峰#吾妻小富士#東吾妻山#一切経山#魔女の瞳#磐梯吾妻スカイライン#火山#地震#八甲田山#安達太良山#あだたらやま#磐梯山

更新日: 2019年05月13日

1 お気に入り 1117 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

福島・山形の吾妻山で火山性地震増加

花が好きさん

安達太良山(あだたらやま)~吾妻連峰(あづまれんぽう)

週に一度の福島通い…#安達太良山 ~ #吾妻連峰 の山並み 下段は撮った画像(上段)の撮影位置情報から地図ソフト(カシミール3D)で作画しました pic.twitter.com/rUrip7NyXn

吾妻山(あづまやま)

吾妻山(あづまやま)もしくは吾妻連峰(あづまれんぽう)は、福島県と一部は県の県境に沿って東西に伸びる火山群・山塊の総称である。最高峰は西吾妻山(2,035メートル)。日本百名山やうつくしま百名山にもあげられている。
火山噴火予知連絡会によって火山防災のために監視・観測体制の充実等の必要がある火山に選定されている。

吾妻連峰

吾妻山は、福島県福島市西部から一部は山形県米沢市南部の天元台にかけて、東西およそ20キロメートル、南北およそ10キロメートルにわたって標高2,000メートル級の火山が連なる山脈である。福島市外から見て西側に吾妻連峰の最東部の吾妻小富士(1,705メートル)、東吾妻山(1,975メートル)、一切経山(1,949メートル)がある。

吾妻小富士・東吾妻山・一切経山・魔女の瞳

ふくしま山行の一日目 高湯温泉~魔女の瞳~家形山 噴火警戒レベルが2から1に下がり、一切経山を登ろうとしたが、まともに立ってられないぐらいの爆風で無理だった‥w でも、晴れて気持ち良い山行になったので満足✨ 吾妻連峰 魔女の瞳 ️ pic.twitter.com/nRtV2DMbz4

【久しぶりに吾妻小富士】浄土平駐車場から木の階段をゆっくり登って約15分。#吾妻小富士 (標高1707m)の火口が見える場所に到達します。火口の直径は約500m、火口壁をぐるっと一周(約30分)することもできます。火口壁から底までは約70m、火口内に水はありません。 pic.twitter.com/rMz4Ghv4Wb

連休のアルプスは人が多いだろうと福島は吾妻連峰に行ってきました♪目的は魔女の瞳!!コバルトブルーが綺麗な大きな瞳(*´∇`*)火山独特の山容が素晴らしい。夜は半端ない星空でした!浄土平テン泊→一切経山→東吾妻山 pic.twitter.com/mywgI6eIu0

2019年4月22日

吾妻山の噴火警戒レベルは、2から1に引き下げられた。

福島県と山形県にまたがる吾妻山について気象庁は先月22日、火口周辺に影響を及ぼす噴火の可能性が低くなったとして、噴火警戒レベルを「火口周辺規制」の2から、「活火山であることに留意」を示す1に引き下げました。

5月から吾妻山の火山性地震の回数が増えた。

先月、噴火警戒レベルが1に引き下げられた吾妻山は、今月に入って火山性地震の回数が増えています。

吾妻山の火山性地震は、5月6日には73回観測された。

6日までの6日間で1日平均、31回発生し、最も多かった6日は73回観測されました。

山形県と福島県にまたがる吾妻山では、今月5日以降、火山性地震が急増していて、きのう(6日)には73回観測された。

5月6日の火山性地震、吾妻山3 回・八甲田山2 回・安達太良山1 回・磐梯山1 回

【2019年05月06日 東北地方の火山性地震】 八甲田山 2 回 吾妻山 73 回 安達太良山 1 回 磐梯山 1 回 data.jma.go.jp/svd/vois/data/…

吾妻山で5日頃から火山性地震が増加、7日も多い状況が続いている。

【福島・吾妻山で火山性地震が増加】 仙台管区気象台によると、福島県の吾妻山で5日(日)頃から火山性地震が増加、今日7日(火)も多い状況が続いており、今後の活動に注意が必要です。 weathernews.jp/s/topics/20190… pic.twitter.com/VKxEomhm6w

吾妻山に至る磐梯吾妻スカイラインは、今月中の通行再開を目指して除雪作業が行われている。

吾妻山に至る磐梯吾妻スカイラインは、今月中の通行再開を目指して除雪作業が行われていて、気象台は今後の火山活動の推移に注意するよう呼びかけています。

気象台は、吾妻山の今後の火山活動の推移に注意するよう呼びかけています。

【おしらせ】磐梯吾妻スカイラインの再開通は令和元年5月31日の予定です。再開通後も昨年8月の大雨による路肩崩落区間(不動沢~浄土平の一部)では復旧工事のため、片側交互通行となります。(2019.5.6 福島市内からの吾妻山) pic.twitter.com/ICls4quDlP

吾妻山の火山ガスに注意が必要です。

1 2 3