1. まとめトップ

10連休明けにずーんと沈むこの気分は5月病? 専門家とツイ民の対策まとめ

10連休が終わったという現実に身体がついていけない? 気持ちが沈む、、、仕事行きたくなさすぎる、、、専門家とツイ民のリアクションをまとめました

更新日: 2019年05月08日

1 お気に入り 713 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

mami1109さん

5月病とは

年度が替わり、学校や職場などの生活環境が変わって間もない頃、目立った病気などがあるわけでもないのに「なんだか調子が良くない」と感じてしまう。その状況がゴールデンウィークを経ても改善しない。こうした症状が、一般的に「五月病」と呼ばれています。

五月病の原因の多くは4月の過ごし方に起因していると感じています。新しい生活環境への変化に上手に適応しきれないため、翌月の5月になってから体や心の不調が現れてしまっているのです。

そして、もう1つの原因として、GW明けから海の日(今年は7月15日)まで、祝日のない期間が約2カ月間続くこともあげられると思います。祝日のない期間が一年で一番長い時期に、体調不良をリセットできることなく、悪化させてしまうのでしょう。

10連休が終わって、つらみMAX。。。。

お客さま救護に急病人救護。。。 GW明けの通勤ラッシュ安定の五月病遅延発生 pic.twitter.com/lxwJDYRaCW

GWも終わりかあ〜(~O~;) 不思議ですね〜、楽しい時間ほど早く感じるのは(´-﹏-`;) 1週間前はワクワクウキウキだったのに〜。 10連休、凄い色々楽しんだけど反動を考えると確実に良くない気がする! 5月病確実コースだ。 余裕を持って朝だらだら出来るのも今日までか〜寂しい。 pic.twitter.com/TmCa9sfV0d

退職代行サービスがトレンド入り

5月病を悪化させないためにできること

▼次の楽しみを決める

一番大切なことは、GW後の次の休みをいつ取るかを決めておくことです。可能であれば、海の日よりも手前で1、2日は取りましょう。金曜日や月曜日に取って、2泊3日の少し長めの週末を過ごしてみてはいかがでしょうか。

今年は政府が進める働き方改革で、年間5日間の有給休暇取得が多くの会社では義務となりました。きっと職場でも取りやすい雰囲気があると思います。ぜひ、GW中に、次の休みの日を決めておきましょう。

▼とりあえず会社に足を運ぼう

まず連休明けは「憂鬱だな」と感じても、何も考えず会社に足を運んでみましょう。いろいろ考えてしまうと、途端に足取りが重くなってしまうので、とにかく何も考えないことです。出社すればもうこっちのもの、最初に感じていた億劫な気分も束の間のはず。会社にいる時の環境に溶けこむことも早いため、連休前までの自分のペースを比較的早く取り戻すことができるのではないでしょうか。

▼頑張らない!

根詰めてやるよりも、まずはリセット、リフレッシュする時間が大切です。そこでこの10日間の連休をよい機会として、体も心も十分に休むようにしましょう。リフレッシュできた後で頑張ることは否定しませんが、まずはこれを意識してください。

無理に頑張ろうとしても逆効果。

気力で乗り越えようとする強さは、時として取り返しのつかないダメージを与えることもある。心と体はつながっていることを自覚して、大事に至る前に対処しておこう。

また、頑張りすぎるタイプの人は、張り切り過ぎていわゆる燃え尽き症候群になったりするので、自分にとって適度な頑張りの加減ができるよう自覚の能力を養うことが必要かと思います

五月病の原因となるもうひとつの原因は、自分及び相手に対する“高すぎる”期待です。

 新年度が始まると、多くの人は気持ちを新たにし、自分自身に期待をかけます。お稽古事や自己研鑽は、思った通りにうまくいけばいいのですが、上手くいかない場合もあります。

 そのときに、すぐに諦められる人はいいのですが、自分は頑張りが足りないからもっと頑張らなければいけないと考え、自分をもっと追い詰めてしまう人もいます。

1