1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

かっつくさん

ホクロとは??

ほくろは、メラニン色素を含む細胞、即ちメラノサイトが、皮膚の一部に周囲より高い密度で集まってできた母斑の一種。

ほくろは小型の黒い色素斑あるいは隆起したもので、色素を作るメラノサイト(色素細胞)になり損ねた奇形の細胞のかたまり

なぜホクロができる?

ほくろは、生まれつき持ったものです。先天性に原因があり、体のDNAが刷り込まれもともとほくろができやすい仕組みになっています

紫外線や刺激により、メラニンを作る過程でメラノサイトが過剰に活性化することでほくろは形成されます。メラニンは外部の刺激から肌を守るために必要なものではありますが、過剰にできすぎてしまうと、ほくろとして残ってしまいます。

みんな一つくらいホクロありますよね?

とうらぶに疎いワイだけども TLで見かけた豊前さん? 刈上げで首にほくろのある方 好きかもしれない

採血のとき手のひら側を表にしたら今まで見たことなかったほくろができててクソビビってる けどもともとほくろ多い方なのであんまりビビってない気持ちもある(慢心)

仁王くんはほくろの位置もイリュージョンできるようになったの?

こんなホクロは幸せ

<おでこの真ん中>

額(おでこ)の真中にあるホクロの意味/仏像、お釈迦様の額(おでこ)の真中にホクロがあったので縁起が良いとされてきました。しかし、お釈迦様の額(おでこ)にあったホクロは白毫(びゃくごう)といって渦を巻いた白い毛の束のこと、ホクロではありません。時代と共に白毫(びゃくごう)=ホクロに変化して来たのでしょう。この位置にホクロがあれば先見の明(先を見通す力)があり、大小問わず黒くてハッキリしたホクロは大吉。出世運、頭領運、金運があるとされます。

<耳たぶ>

生涯を通じて金運安泰につながります。幼少期からお金に苦労している人はおらず、お金にきれいな面があり、大切にお金を使っているとされます。

元々、お金のある段階からスタートしているので、積み上げられていく、財はより大きなものになるはずです。ぎすぎすしたところがなく、おっとりとした人が多いとされます。

<耳のうら>

お金に困ることはなく、幸運も呼び込みやすいとされます。器量が大きく細かいことを気にしないようです。人望があり、人と協力して成功などを手にします。

男女問わず人から好かれる素養があり、人気を必要とする分野で力が発揮できます。芸能界に向いています。活きぼくろの場合はより多くの幸せを呼び、死にぼくろだと、入ってきたお金は使い切ってしまうとされます。

でもそれは本当にホクロですか?

「ほくろのがん」とも呼ばれるメラノーマ(悪性黒色腫)をご存じですか? メラノーマは皮膚がんの一種で、見た目はほくろとよく似ています

メラノーマとは、悪性黒色腫と呼ばれ、皮膚のメラニンという色素を作る色素細胞(メラノサイト)ががん化した腫瘍と考えられています

1 2