1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

harunikuさん

ドワンゴはVTuber事業で1億5650万円の最終赤字になることを発表しました

ドワンゴとインフィニットループが設立した、バーチャルYouTuber(VTuber)コンテンツの配信システムを手掛けるバーチャルキャスト(札幌市)は5月7日、第1期(2018年7月〜12月)の決算公告を官報に掲載した。同期の業績は1億5650万円の最終赤字だった。

ドワンゴ、VTuber事業で苦戦 バーチャルキャストは1億5650万円の最終赤字、リドは解散 itmedia.co.jp/news/articles/…

バーチャルキャストは18年7月に創業。ドワンゴが持つ「niconico」のユーザー基盤と、インフィニットループの開発力やマーケティング力を組み合わせ、注目度が高まるVTuber分野で人気サービスを生み出す狙いで設立した。

ドワンゴの栗田穣崇COO(最高執行責任者)は、18年7月に開いたバーチャルキャストの創業会見で「VRサービスを主軸事業の1つに育てていく」と語っていた。だが、サービスは着実に知名度を上げつつあるものの、創業後すぐの黒字化はならなかった。

ネット上から厳しい指摘を受けます

なんだろう、カドカワとドワンゴはことごとく時代の流れに乗るのが下手なのか。 オワコンとかそういう次元でもない。 ドワンゴら設立のVTuber事業会社が解散 - Mogura VR News moguravr.com/lide/

ドワンゴ設立のvtuber会社が撤退したのだ バーチャルさんはみているが遺作になったのだ KADOKAWAで稼げないのは悪なのだ…

VTuberはゆっくりやれば育てていける分野だとは思うのだけど、企業として回収急ぐあまり、金の卵を生む鶏の腹をかっさばくようなことになってきたらおしまいだろうなあ。その兆候は一部あるが。 / “ドワンゴ、VTuber事業で苦戦 バーチャルキャストは1億5650万円の最終赤字…” htn.to/VW2BY7vE1b

近年、カドカワグループの業績不振が目立ちます

2019年3月期の連結業績予想を下方修正し、売上高2070億円(前回予想2310億円)、営業利益19億円(同80億円)、経常利益29億円(同91億円)、最終損益43億円の赤字(同54億円黒字)とした。

ドワンゴの主力事業「ニコニコ動画」も鳴かず飛ばずの状態。このサービスは、プレミアム会員と呼ばれる月額540円の定額サービスに支えられています。その会員数の減少が止まりません。

イメージとしては、いくつものTwitterの鯖があってそこに仲間が集って呟けるといった感じです。マストドンの魅力は、同じ趣味や志向の人のつぶやきを限定して見れることです。

なぜ、流行らないかというと、ここです、ここ、オープンソースの会員システムだからです!

サービス終了の理由について「今後お客さまにご満足いただけるサービスの提供が困難であるという判断」としています。

課金収益が800万円で赤字が8億円というのも凄いですが、続ければ続けるだけ大ダメージで立て直せる改善見込みが一切ないという地獄の状況。

『テクテクテクテク』はユーザーの評価は高いが、課金システムが不十分で収益が増えなかった。

テクテクについては単にお金を払いたいという気持ちでもない限り、課金するための「必然性」が感じられなかったのは事実だ。

ポケモンGOに似てる・・・? “一生歩ける RPG”『テクテクテクテク』が本日(11月29日)より配信開始! “牧場”機能や“レイドバトル”など今後のアップデート予定も公開 - ファミ通.com famitsu.com/news/201811/29… @famitsuさんから

ならば、新規の集客を目指すしかないでしょうね。そのためには、例えばドワンゴが、テレビ局やプロ野球球団を買っちゃうぐらいのレベルでの改革が必要になってくると思います

昔のインターフェースが良かったから面白かったのではなく、インターフェースと関係なく、バラバラのユーザー層が集まってそれをさばききれないのが、今のニコニコ動画の問題だと思いました。

1 2