1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

決死の逃亡劇!三浦春馬主演『TWO WEEKS』が楽しみ

近年、役の幅を広げている人気俳優の三浦春馬が、2019年7月期夏ドラマ『TWO WEEKS』の主演に決定。韓国ドラマが原作で、殺人の濡れ衣を着せられた主人公が、白血病の娘を救うため逃亡するタイムリミットサスペンス。激しいアクションやスリリングな展開も見どころとなる。

更新日: 2019年09月18日

1 お気に入り 5982 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆子役出身の人気イケメン俳優の三浦春馬

『恋空』(2007)

三浦春馬と新垣結衣

1990年生まれ。幼少より子役として芸能界デビュー。2006年、ドラマ「14歳の母」でブレイクし、07年に映画「恋空」で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。

以降、映画『君に届け』『進撃の巨人』、ドラマ『ブラッディ・マンデイ』『サムライ・ハイスクール』『大切なことはすべて君が教えてくれた』『僕のいた時間』『オトナ高校』など数々の作品に主演。

◆イケメンがゆえに役の幅に悩む時期もあった

『君に届け』(2010)

三浦春馬と多部未華子

これまで数々の作品で印象的な演技を残してきた。だが、華々しいキャリアの裏側で、三浦さんは人知れず悩みを抱えていた。

誰もが認める端正な顔立ち。三浦さんは、正統派のビジュアルと清潔感のある佇まいから、いわゆる王道的な役どころを振られることが多かった。

「10代から20代前半の頃かな。自分が演じるキャラクターの幅がない気がして、もどかしく思う時期はありました」

三浦のコメント

◆近年は様々な役に挑戦し、再注目されている

『キンキーブーツ』(2016、2019)

三浦春馬

近年は『キンキーブーツ』でのドラァグクイーン役など、様々な役柄にも挑戦し、芝居の幅も広げ、役者として一回りもふた回りも大きく成長。

『キンキーブーツ』とは、13年にトニー賞で6部門を受賞した傑作ブロードウェイミュージカル。そこで三浦さんはインパクト大のビジュアルもさることながら、突き抜けた演技と堂々たる歌唱で、ミュージカルファンからも喝采の嵐。

◆そんな三浦が夏ドラマ『TWO WEEKS』に主演する

娘を助けるため2週間逃げ切れ!三浦春馬の主演ドラマ「TWO WEEKS」7月スタート(コメントあり) natalie.mu/eiga/news/3312… #三浦春馬 pic.twitter.com/pkYxhbWs9S

本作は、殺人のぬれぎぬを着せられた主人公・結城大地(三浦)が、白血病の娘を救うため逃亡するタイムリミットサスペンス。

◆原作は韓国ドラマで日本版オリジナル展開も用意

◆気になるあらすじは?

三浦が演じるのは、殺人未遂の罪で服役した過去を持ち、現在は人生に希望を持たず、毎日をただ刹那的に過ごしている主人公・結城大地。

そんな彼の前に、かつて人生で唯一心の底から愛していながら「ある出来事」により一方的に別れを告げた女性が現れる。そして彼女から、結城との娘を産んでいたこと、そして、“はな”という名の8才になるその娘が白血病であることを告げられる。

1 2