1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

宿題に不満で不登校。そしてユーチューバ―で活躍の小学生が物議

小学生の不登校事情についてご紹介します。

更新日: 2019年05月08日

14 お気に入り 59950 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のおける情報を基に作成しています。

■宿題が不満で不登校

宿題を拒否したところ、放課後や休み時間にさせられ不満を抱いた。

担任の言うことを聞く同級生もロボットに見え「俺までロボットになってしまう」と、学校に通わないことを決意

■そしてユーチューバ―として活躍

沖縄県で暮らす「少年革命家ゆたぼん」と名乗る10歳の少年は、学校に通わずYouTuberとして活動。

「子供は学校に行くのは権利であって義務ではない」「親は子供が行きたくないと言っているなら行かせなくていい」「人生は冒険だ」と力強く語る動画をツイッターに投稿

最大で10連休となったゴールデンウィークが終わり、憂鬱になっている学生たちに向けて「学校に行きたくない子は行かんくていい」とメッセージを発信した

■色々な活動を精力的にこなしている模様

夢は子どもだけが乗れるピースボートで世界中に友達をつくり、戦争をなくすこと。子どもの自殺が増えるとされる夏休み明けの頃には、子どもを集めたライブを開催する計画も

配信する動画は歌やお笑い系が多い。パワフルに熱唱する姿は、父親の幸也さん(39)の影響で好きになったブルーハーツをほうふつとさせる。

自分の意志で学校に行かないと決めたゆたぼんくん。ユーチューブの動画やツイッターで多くの人に思いを伝えてほしい。

■このゆたぼん君の行動が物議を醸している

不登校ユーチューバが話題ですが、学校は人間の汚さ学びに行くとこなので小中の義務教育は絶対行った方がいいですね。

不登校小学生ユーチューバのコメント欄には義務教育を受けたであろう"大人たち"が見えない場所からタコ殴りにしているではありませんか 愛はおろか アドバイスも無くただ 同じような汚い言葉を投げかけていました 義務教育を受けると"こんな大人"になるのなら わたくしは一生"子供"のままでいいです

不登校小学生ユーチューバ―の件、親の喜ぶ顔見たさにやってるだけのような気がする…

小学生ユーチューバの発言で盛り上がってるけど、撮影機材を準備するのも親だし、不登校を許すのも親なんだろ? 発言は十中八九親の受売り ようは香ばしい家庭のエリートなんじゃん。 可哀想に 全く見てないからよう知らんけど。

不登校ユーチューバはそれはそれでいいと思うけど、自分は不登校ユーチューバでならなきゃならないんだ って義務感に変わると怖いね。行きたくなったら適当に学校行けばいいんだよって思う。

■不登校は今の日本で大きな問題になっている

小・中学校における不登校児童生徒数は14万4031人(前年度比1万348人増)と、統計開始以降、初めて14万人に達し、過去最多を更新

内訳をみると、小学生は3万5032人で過去最多を更新。中学生は10万8999人で過去2番目に多い数字となった。

小学校でのいじめの認知件数は、31万7121件と前の年度より8万件ほど増加し、統計開始以来、初めて30万件を超えた。

■自殺なども問題に…

発見も対策も難しく深刻化しやすいSNSいじめも急増。自殺者数も、学校報告だけでも二五〇人と前年度を上回っている

1 2