1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

Googleが新スマホを発表へ…なんと廉価版でFeliCaも対応と期待の声があがっている!!

グーグルが新スマホを発表しました。魅力的な機能はそのままに、値段がかなり安くなっていると話題になっています。当然グーグルの得意分野も搭載されているので、気楽に活用することができるのはうれしいところです。日本でも発売しますから期待一杯です!!

更新日: 2019年05月08日

11 お気に入り 10872 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

スマホは魅力的だが、高いのが玉に瑕だ

最近では多くのメーカーによってスマホの販売が行われており、道端でスマホを扱っている人も多く見かけます

スマートフォンは、昔流行っていた、いわゆる「ガラケー」と比べても機能が大きく拡張されており、もはや我々の生活からは切って離せないものになっています。

通勤中にも作業をこなせるようになったというのは時代の進歩と言えるでしょう。

個人的な2018年のケータイ・キーワードは「高い」です。2017年でもiPhone Xあたりから「スマホ、高いな」と感じるようになっていましたが、2018年はダメ押し。

iPhoneは当たり前のように10万円を超え、Android端末もハイエンドモデルはiPhoneに負けない価格になっています。

SIMフリーモデルも、ファーウェイを中心にハイスペック端末が登場し、“格安スマホ”だけではなくなりました。

グーグルから、新スマホ発売へ

米Googleは5月7日(現地時間)、米カリフォルニアで開催中の開発者向けイベント「Google I/O 2019」で、自社開発の新型スマートフォン「Pixel 3a」「Pixel 3a XL」を発表した。

Googleは5月8日2時(日本時間)から始まったGoogle I/Oにおいて、噂されていた低価格版Pixel端末「Pixel 3a」と「Pixel 3a XL」を発表しました。

本体価格が半分となったPixel 3a/3a XLですが、高評価だったPixel 3/3 XLの背面カメラはそのままに、各所の仕様ダウンを行い価格を下げた印象です。

Pixel 3/3 XLからの主な変更点として、ボディー背面がガラス製からポリカーボネート製に変わり、ワイヤレス充電に非対応となった。

背面の指紋認証センサーは引き続き搭載している他、新たにイヤフォンジャックを搭載する。

Pixel 3 XLは動画再生で最大14時間、待機状態では最大18日間動作する。いずれも15分の充電で最大7時間使える高速充電に対応する。

性能もさることながら、安さは魅力だ!!

日本を含む13の国と地域で同日から予約を受け付け、17日に発売する。価格はPixel 3aが4万8600円、Pixel 3a XLが6万円(いずれも税込)。

基本的な仕様は共通しており、OSはAndroid 9.0(最大3年間のアップデート保証付き)、メインメモリは4GB、内蔵ストレージは64GB(SDカードスロット非搭載)。

Pixel 3/3 XLと同様に超解像ズームやHDR+、そして強力な夜景モードは利用可能。それでいて、ほぼ半額なのは大きな魅力です。

日本向けモデルは「FeliCa」に対応しており、Google Payによるおサイフケータイ機能が使えます。

欲しい!!

様々な声が

やっとNexus5を引き継ぐ物が現れた。 この価格でfelicaにも対応してるのは凄い。 あと三ヶ月早く出てくれていれば、間違いなくこれにしていたのに、2月にZenfone5買っちゃったよ。 4万円台の新型「Pixel 3a/3a XL」レビュー:ミッドレンジスマホの定義が完全に塗り替わった gizmodo.jp/2019/05/pixel-…

1 2