意外にムズい!社会人なら押さえておきたい「ビジネス漢字」

社会人なら読めないと恥ずかしい、ビジネスでよく使う”読めそうで読めない”漢字を集めました。なかには、9割の女子が読み間違えている漢字も…。あなたはすべて正しく読めますか?

更新日: 2019年05月09日

147 お気に入り 85469 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

9割の女子が読み方間違えてる!?

「この仕事を早急に処理してほしい」など、ビジネスシーンでもよく聞く漢字。
9割の女子が「そうきゅう」と回答しました。

※CanCam世代の女子100名への調査による

現在では「そうきゅう」と読んでも間違いではないとされているそうです

誤読すると、相手を怒らせるかも

「凡庸(ぼんよう)」は特にこれといった特徴がないこと、「汎用(はんよう)」は広く用いることができる、応用性が高いものを示します

例文:この製品は非常に汎用性が高い。

読み方を間違えると正反対の意味になるので、注意したいです。

ニュースでよく目にするが…

人を敬ってその死をいう語のこと。「会長がご逝去された由」などと用いられます

身内の死を伝える際には、「逝去」ではなく、「死去」「亡くなる」「永眠」「他界」などを使うのが一般的です

ビジネスの駆け引きに欠かせない単語

利害が一致しない相手との解決のために話し合うことや、外交や政治において相手と駆け引きをするという意味があります

「折衝」と違い、「交渉」では利害関係が一致していることもあれば、一致していない場合もあります。それゆえ、一般的には、「交渉力」には「折衝力」ほどの駆け引きの上手さは伴わないもの

知っているようで、意外と知らない

金銭や物を出し入れすることを“出納”と言い、会社で経理を担当している方には馴染み深い漢字

「当たり前の漢字が読めないのはどうかと思う。出納のことを『しゅつのう』って普通に読んでいた輩女子がいて、見た目はキレイにしてるのに残念だなー、と思った」(20代男性/メーカー)

こんな厳しい声も…。頻出する単語だからこそ、キチンと覚えておきたい。

社会人になって初めて聞いたのでは?

1 2