1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

違う役だから面白い!春ドラマで「掛け持ち」する人気俳優たち

同クールで複数のドラマを掛け持ちする人気俳優は少なくないが、正反対の役を演じていると面白い。2019年春ドラマにも、山本美月『パーフェクトワールド』&『いだてん』、神木隆之介『集団左遷‼』&『いだてん』、鈴木浩介『緊急取調室』&『癒されたい男』、森川葵『賭けグルイ』&『カカフカカ』。

更新日: 2019年05月19日

4 お気に入り 26029 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆純愛ラブストーリーを初々しく演じている山本美月

出典thetv.jp

『パーフェクトワールド』

山本美月と松坂桃李

ドラマ『パーフェクトワールド』に出演中の女優・山本美月さん。山本さんは、車椅子生活を送る建築士の鮎川樹(松坂桃李さん)の高校時代の同級生・川奈つぐみ役を演じており、その純愛ラブストーリーが「泣ける!」と話題になっています。

付き合い始めたばかりの樹(松坂)とつぐみ(山本)の初々しさに、視聴者から「キュンキュンした!」「純愛に窒息しそう!!」の声が上がっている。

第3話

・大河ドラマでは男勝りなモダンガールの新聞記者役

『いだてん〜東京オリムピック噺〜』

山本美月

明治時代に女性記者の先駆けとなった“本庄”役で出演しています。黎明期のスポーツに興味を持ち、日本初のオリンピック選手を取材するという役どころ。

本庄は、当時はあまりいなかった女性記者ということもあって、男勝りでちょっと変わっているんですが、ファッショも先取りしていたので、髪型や衣装もすごくおしゃれ。のちにモガ(モダンガール)と呼ばれるタイプの女性。

◆左遷されたエリート銀行員を演じている神木隆之介

『集団左遷!!』

神木隆之介

神木が演じるのは、蒲田支店法人営業1課の滝川晃司。エリート学校を卒業し、三友銀行に入行した秀才。頭脳も運動神経も抜群で、性格はクールにして器用。幹部候補生だったが、ある出来事がきっかけにドロップアウトした。通称「奈落のエリート」。

もともとは出世街道を歩んでいたのですが、裏設定があって。滝川には上司の娘さんという婚約者がいたのですが、酔っぱらって浮気をしてしまい、飛ばされたという設定です。

・大河ドラマではキーマンになりそうなオリジナルキャラ・五りん役

『いだてん〜東京オリムピック噺〜』

神木隆之介(五りん 役:昭和)

『いだてん〜東京オリムピック噺〜』

中村勘九郎(金栗四三 役 明治~大正~昭和)

『いだてん』はビートたけしが扮する落語家・古今亭志ん生の語り形式で展開されるのも特徴だが、志ん生の弟子・五りんを演じている神木隆之介だ。

五りんの恋人、知恵(川栄李奈)が、かつて播磨屋で五りんの母親が働いていたことをほのめかしたのだ。さらに五りんは、なぜか四三と同様、朝に水浴びするという習慣も披露しており、五りんが明治と昭和、2つの時代をつなぐキーマンになることは確実だろう。

金栗四三(演:中村勘九郎 前半の主人公) 播磨屋=四三のマラソン用の足袋を製作

五りんはモデルのいないドラマオリジナルの人物だということ。ノンフィクションとフィクションが入り混じるだけに、どのように伏線が回収されていくかは、脚本家、宮藤官九郎の腕の見せどころだ。

◆『緊急取調室3』でライバル刑事役を演じる鈴木浩介

出典thetv.jp

『緊急取調室 3rd season』

鈴木浩介(左)と速水もこみち(右)

天海祐希演じる取調官・真壁有希子ら緊急事案対応取調班(通称・キントリ)のメンバーたちが、数々の凶悪犯と一進一退の心理戦を繰り広げるドラマ「緊急取調室」。

キントリのメンバーたちにライバル心を抱く捜査一課の刑事・渡辺鉄次を演じる速水もこみちと、係長・監物大二郎役の鈴木浩介ら“モツナベコンビ”の愛称で呼ばれる二人。

『緊急取調室』のもう一つの大きな魅力は、個性豊かな仲間たちの存在にもある。皆、一癖、二癖ありながらも、一人一人が光るところを持ち合わせているのだ。

1 2