1. まとめトップ

Xマスに向けて!「全力スクワット」でローラさんや中村アンさんなど、美しく引き締まった身体に!

スクワット15回で鍛えることの出来る筋肉量は腹筋100回で鍛えることの出来る筋肉量よりも多いというのは有名な話です。1日10回の「全力スクワット」でローラさんや中村アンさんなど、美しく引き締まった身体のラインをもつ女性に!

更新日: 2019年11月20日

7 お気に入り 5549 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

気になるニュースを料理します。皆様の役に立てるよう頑張ります。

hayate15さん

正しいスクワット出来ていますか?

筋トレにおいて1番重要な事はトレーニングの量だけではなく、正しいフォームでトレーニングする事も同じくらい重要です。

正しいフォームと適切なトレーニング回数を習得することが理想のボディへの近道なのです。

スクワットを行うことによるメリット

メリット①基礎代謝が上がることで太りにくい体になる!

スクワットで鍛えることの出来る筋肉というのは人間の筋肉の中でもとても大きいので、その筋肉を大きくすることで基礎代謝が大幅に上がるので日々の消費カロリーが増え太りにくい体を手にすることが出来るのです。

メリット②一度に複数の部位のトレーニングが可能!

スクワットで鍛えることの出来る部位は下半身は大臀筋・大腿四頭筋・ハムストリング、上半身は脊柱起立筋・腹筋という筋トレにおいて重要な部位ばかり、筋トレBIG3と呼ばれているだけでなく筋トレの王様と呼ばれているのもうなずけますね。

スクワットは「トレーニングの王様」

“King of training(トレーニングの王様)”とも呼ばれるスクワットは、どんな運動よりも効果が感じられるオススメのトレーニング種目です。

 中でもぜひチャレンジしてほしいのが、「全力スクワット」。「全力」というワードから激しいスクワットを想像するかもしれませんが、そういうことではありません。体幹の筋肉に力を入れて背骨を固定し、脚の各関節をしっかり曲げていくものです。

美しい身体はバランスから

ローラさんや中村アンさんなど、美しく引き締まった身体のラインをもつ女性は、各パーツが鍛えられているだけでなく、身体の各部位に対する筋肉の仕事量が“適正”に限りなく近く、効率よく身体が使えています。

全力スクワットをやってみよう

1. 床が平らなところに立ちます

2. 背骨に力を入れて背筋を伸ばします

3. 股関節→膝→足首の順番で関節を曲げて、しゃがんでいきます

4. 完全にしゃがみ切ったら、ゆっくりと立ち上がります

※5~10回/1日

他のスクワットとあまり違いを感じないと思う人もいるかもしれませんが、ポイントは「重心線」です。

みぞおち、太ももの真ん中、足首が縦に一直線となるよう意識しながら、しゃがんだり立ち上がったりしてみましょう。

 股関節や足首の柔らかさが増していくのを感じるはずです。これが他のスクワットと違う、「全力スクワット」の特徴です。

1