1. まとめトップ

かつて経験したことのない一日を迎える日本。実写化「空母いぶき」

かつて経験したことのない一日を迎える日本。実写化「空母いぶき」

更新日: 2019年07月05日

2 お気に入り 1265 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

▼空母いぶき

かわぐちかいじのベストセラーコミック『空母いぶき』が実写映画化され、2019年5月24日(金)に全国で公開される。

『空母いぶき』は、『沈黙の艦隊』『ジパング』など話題作を手掛けてきたかわぐちかいじによる、累計500万部突破のベストセラーコミック。「空母の時代」を再び迎えた世界を舞台に物語を展開する。

物語は、突如、日本が国籍不明の軍事勢力から攻撃を受けるところから始まる。国民の命と平和が脅かされたとき、国の舵取りを託された者、過酷な戦闘下で防衛の任に当たる者たちは何を考え、如何なる選択をするのか。手にした力はどのように使うべきなのか。各々の立場でのそれぞれの決断がこの国の未来を作る。

平和のために、何ができるのか――。最前線で未曾有の局面に立ち向かう自衛官の姿が壮大なスケールで描かれる。

20XX年、12月23日未明。未曾有の事態が日本を襲う。沖ノ鳥島の西方450キロ、波留間群島初島に国籍不明の武装集団が上陸、わが国の領土が占領されたのだ。海上自衛隊は直ちに小笠原諸島沖で訓練航海中の第5護衛隊群に出動を命じた。

その旗艦こそ、自衛隊初の航空機搭載型護衛艦《いぶき》だった。計画段階から「専守防衛」論議の的となり国論を二分してきた《いぶき》。

艦長は、航空自衛隊出身の秋津竜太一佐。そしてそれを補佐するのは海上自衛隊生え抜きの副長・新波歳也二佐。現場海域へと向かう彼らを待ち受けていたのは、敵潜水艦からの突然のミサイル攻撃だった。

さらに針路上には敵の空母艦隊までもが姿を現す。想定を越えた戦闘状態に突入していく第5護衛隊群。政府はついに「防衛出動」を発令する。迫り来る敵戦闘機に向け、ついに迎撃ミサイルは放たれた……。

航空自衛隊エースパイロットの実績から艦長に抜擢された秋津竜太を演じるのは、『人魚の眠る家』『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』にも出演している西島秀俊。海上自衛隊生え抜きながら、副長に甘んじる新波歳也は、『嘘八百』佐々木蔵之介が演じる。

潜水艦「はやしお」の艦長・滝隆信を演じるのは、髙嶋政宏、護衛艦「はつゆき」の艦長・瀬戸斉昭役には玉木宏、そしてアルバトロス隊の隊長・迫水洋平役には市原隼人がキャスティングされている。加えて、藤竜也、村上淳、戸次重幸、堂珍嘉邦、佐藤浩市、吉田栄作といった錚々たるキャストが集結する。

映画オリジナルの登場人物も登場。国家危機に翻弄されながらも果敢に 立ち向かおうとするネットニュースの記者・本多裕子は本田翼、部下である裕子の安否を気遣いながらもその仕事に信頼を寄せる上司・晒谷桂子は斉藤由貴が演じる。その他、中井貴一、小倉久寛、土村芳、深川麻衣も出演する。

原作は「沈黙の艦隊」「ジパング」などで知られる巨匠・かわぐちかいじ氏の同名コミック。2014年より「ビッグコミック」誌にてスタートした連載は現在も継続中だが、日々変わりゆく昨今の国際情勢をにらみ、映画ではオリジナルの設定と展開も加え、日本がかつてない危機にさらされた、遠くない未来の一日の物語とした。

監督は『ホワイトアウト』(00)『沈まぬ太陽』(09)『柘榴坂の仇討』(14)など骨太な人間ドラマで知られる若松節朗。

戦後初の航空機搭載型護衛艦《いぶき》とその乗員たちを中心に、政府やメディア、そして国民たちが、それぞれの立場、それぞれの思いで、この国が保ち続けた平和を守ろうとする熱き闘い。

そのとき彼らは何を考え、如何なる選択をするのか。そして手にした力はどのような形で使うべきなのか。我々がこの映画で目撃するのは、そんな彼ら一人一人の決断が作る、明日の日本の姿である。

▼▽よかったら見てね~▽▼

1