かつ、1970年の大阪万博はそれぞれの国が特色の濃い文化系の展示を行う「展示型」だったのに対し、2025年の大阪万博は来場者がAI(人工知能)やIoTなどの技術を体験できる「参加型」を目指しています。

出典2025年まで待ちきれない!大阪万博×AIで予想される未来とは | AIZINE(エーアイジン)

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

実現すれば画期的な事だ…「大阪・関西万博」で火星を探査機生中継に期待の声が続々

2025年に「大阪・関西万博」が決定しました。様々な事が期待される中、驚きのイベントが話題になっています。なんと生中継を火星から行うというのです。他にもVRや未来的な技術が展示されるようで、今後期待できるかもしれません。2025年が楽しみですよね!!

このまとめを見る