1. まとめトップ

SMAP再結成は真実か否か。単なるメディアの煽り報道?それとも…?

令和元年になって再び囁かれ始めたSMAPの再結成に関する噂。それに関するニュースをまとめてみました。

更新日: 2019年05月09日

2 お気に入り 6839 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

令和元年になって再び囁かれ始めたSMAPの再結成に関する噂。それに関するニュースをまとめてみました。

kibutujiさん

東京五輪とパラリンピックのタイミングで再結成?

「やはり来年、20年という見方はあります」と、ジャニーズ担当の芸能記者がこう言う。
ファンが期待を込めて注目しているのが、東京五輪とパラリンピック開閉会式の演出陣のひとり、CMディレクターの佐々木宏氏です。佐々木氏はソフトバンクの『白戸家』シリーズなど、人気のCMを数多く手掛けており、ビートたけしと木村拓哉が秀吉と信長役で共演したトヨタ自動車のCMなど、SMAP関連も少なくない。
パラリンピックは応援サポーターがSMAPで、解散後はジャニーズからの独立組、稲垣と草彅、香取の3人組が引き継いでいます。

開閉会式どちらかのイベントに、中居と木村がサプライズ登場するというのは、あるかもしれませんね。
いろいろあったけど5人揃えば、ハンディキャップに負けず、頑張れば夢はかなうんだというアピールになるし、再集結の場所としてこれ以上はないという絶好の機会とも言えるでしょう

木村からのSMAPへの言及は実際にあった

木村は、2011年放送のドラマ『南極大陸』(TBS系)の撮影中に出会ったという料理として、ホテルから徒歩10分程度の洋食屋で食べたミートソーススパゲティを紹介。その洋食屋のレジの横には、「ビストロSMAP」のレシピ本が置いてあったという。

木村が「どうしてこの本が置いてあるのか」とシェフに聞くと、就職するか家の洋食屋を継ぐか悩んだとき、テレビで「ビストロSMAP」を観てシェフになることを決意したからだ、と話してくれた。

この後、木村はラジオでもっと具体的にSMAPに関する言及をしている。『木村拓哉Flow』(TOKYO FM)4月7日放送回では、森且行も含んだSMAPメンバーの名前を口にしたのである。

この日のゲストは元男闘呼組の岡本健一。古くから付き合いのある岡本を相手に、ジャニーズ事務所所属のタレントが生活する合宿所での思い出を語り合うなかで、木村からこんな発言が出たのだ。

<とある先輩が『お~い』って言って。『中居、森、稲垣、香取、草なぎ、来いよ。服やるよ』ってなって>

中居からのSMAPに対するアピールと思われる言動もあり、大きな話題に

中居正広は、今年に入ってからメンバーとの再会を思わせるメッセージをテレビで送ったり、SMAP時代の思い出を振り返ったりしている。

もっとも話題となったのは、3月27日に最終回を迎えた中居正広の冠番組『ナカイの窓』(日本テレビ系)。このエンディングで中居は、あからさまにSMAPを匂わせる意味深な言葉を述べた。

<再会を切に思うこともあります。何やってるのかなぁ、どうしてるのかな。長い長い付き合いをした仲間っていると思う>
<このメンバーだけじゃなく、僕には切に思う再会っていうね、僕にとっては、あるんです>
<僕はこの再会を切に願うために、僕の口から言うのもすごくアレですけど、そんな乾杯でもいいですか?>
<たぶん、見てると思うんですよね>

結局のところ、これらの言葉は共演者の山崎弘也および陣内智則の相方・元相方に向けた言葉だというオチがついていたものの、中居が何を意図していたのかは明白だ。その証拠に、エンディングで流れた曲はSMAPの「オレンジ」だった。

中居は新しい地図から拒絶されている?

“匂わせ”発言を繰り返す中居に対して、新しい地図の3人は冷ややかで、SMAPの育ての親で、3人とともにジャニーズ事務所から独立した、元SMAPマネージャーのI女史も、中居との合流をNGにしているといいます。
I女史はジャニーズ時代からかわいがっていた山下智久(34)やKis-My-Ft2のメンバーなどとは、今でも親交があり、I女史派だったタレントとは秘密裡に会うこともあるそうです。
しかし、近しい関係者には中居だけでなく、“今の3人以外は、ジャニーズ事務所出身のタレントを入れない”と言っているとか。

 それはジャニーズとの深刻な対立を避け、そして、稲垣、草なぎ、香取の3人を守るためでもあります。中居がジャニーズを退所して新しい地図に合流することになれば、中居はテレビに出られなくなり、新しい地図も攻撃を受けることになるかもしれない。
双方にとって何もいいことがないため、中居の合流はNGになっているといいますよ。

「『SMAP』が解散を決めた2016年8月、ジャニー喜多川社長との話し合いに木村拓哉を呼ばないことは、中居が決めたのです。さらに、翌年の契約更新の席に中居は同席しなかった。稲垣は事前に打ち合わせしようと、中居に電話を入れたのですが、留守録のまま。中居は話し合いの末に残留したのではなく、稲垣らも裏切って残った。どうして、再び仲間になれるのでしょうか」(ジャニーズライター)

芸能マスコミの多くは、中居が事務所に残った当初、「稲垣ら3人の壁になった」と美談にしていたが、3人の現状を見ればそうでないことは明らかだろう。

「結局、稲垣らは地上波から消えた。守っていないわけです。中居は事務所を辞めたら大好きなプロ野球、五輪野球の取材もできなくなる。もともと辞める気もなかったはず」(同・ライター)

再結成はメディアの願望に過ぎない

再結成はそう簡単ではない。いくつかの壁が立ちはだかる。最優先事項はメンバー全員の「やろう」という意思確認。次にグループ名と当時のヒット曲を歌う以上、所属していたジャニーズ事務所の許諾が必要とされる。後は新生グループのコンサートなどをサポートする事務所やスタッフもいなければならない。

 これをSMAPに当てはめると、現段階でのメンバーの最初の意思確認に疑問がある。

「再結成も何も、もともとそんな話なんてないですよ。だいたい中居に裏切られたマジメ人間の草彅は『絶対許さない』と会うこと自体を拒否しています。今や木村は事務所の忠実なシモベ。中居に至っては人事の実権を握った滝沢秀明氏に、残留のための〝お願い〟までしました。『SMAP』なんて、もう遠い昔の話です」(前出・女性誌記者)

5人の足並みどころか、顔すら合わさないでいる元SMAP。現段階で復活はあり得ないだろう。

10年後なら、可能性はあるかもしれない

「時が全てを流してくれる」という。年月の流れが5人の気持ちを変えてくれることを祈るしかない。仮に10年後となれば、メンバーはすでに50代半ば。それも一興と音楽関係者が話してくれた。

「SMAPは激しい動きの歌が少ない。中高年になった5人が『世界に――』を歌うのも感動的では」

1