1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

ついに連ドラ初主演!遅咲きの美人女優「桜井ユキ」に注目

春ドラマ『東京独身男子』が話題の「桜井ユキ」。24歳スタートの遅咲き女優だが、巨匠監督に鍛えられキャリアを重ね、昨年頃から連ドラに引っ張りだこ。そんな桜井が7月期のNHK“よるドラ”『だから私は推しました』に主演決定。名脚本家・森下佳子のオリジナルで、ネクストブレイクの白石聖らと共演する。

更新日: 2019年05月24日

14 お気に入り 70773 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆放送中の『東京独身男子』が話題の女優「桜井ユキ」

4月期のドラマ『東京独身男子』(テレビ朝日)で美貌のやり手弁護士を好演するなど、話題作への出演が続く、桜井ユキ。

『東京独身男子』(テレビ朝日系/4月13日土曜23時15分スタート)は、3人のアラフォー男子が結婚をめぐってコミカルかつシリアスな人間模様を展開するラブコメディ。

ネット上では以下のような声が溢れている。〈東京独身男子で斎藤工と桜井ユキのキスシーンがエロすぎたので悶絶〉

◆女優としては遅いスタートの桜井 これまで艶っぽい役も多かった

『THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY リミット・オブ・スリーピング ビューティ』(2017)

桜井ユキと高橋一生

24歳から役者としてキャリアをスタートした遅咲き女優だが、三池崇史監督の「極道大戦争」や園子温監督の「新宿スワン」など日本を代表する巨匠監督に鍛えられ難役を幾度となく経験している。

『THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY リミット・オブ・スリーピング ビューティ』。映画初主演を飾る本作で、恋人カイトを演じた高橋一生を相手に、一糸まとわぬ姿で激しい濡れ場を披露。圧巻の女優魂を見せつけている。

◆昨年頃からドラマに引っ張りだこ 役の幅も広がってきた

『モンテ・クリスト伯‐華麗なる復讐‐』(2018)

桜井ユキとディーン・フジオカ

昨年の4月期放送の「モンテ・クリスト伯‐華麗なる復讐‐」(フジテレビ系)で、ディーン・フジオカ演じる主役のモンテ・クリスト・真海に尽くし続けた江田愛梨ことエデルヴァを演じ、女性視聴者からの支持がうなぎ登り。

同期放送の「コンフィデンスマンJP」や7月期放送「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」(いずれもフジ系)、10月期放送の「大恋愛~僕を忘れる君と」(TBS系)と、すべて1話のみゲスト出演とはいえ連続出演。

「絶対正義」(フジ系)では、主演の山口紗弥加演じる高規範子の高校時代からの同級生で、フリージャーナリストの今村和樹を好演。

2019年1月期

“知っている人は知っている、美人マイナー女優”だった桜井ユキが、完全なメジャー女優に飛躍したようだ。

◆そんな桜井がドラマ『だから私は推しました』に主演決定

桜井ユキが、7月27日(土)にスタートするドラマ「だから私は推しました」(毎週土曜夜11:30-0:00、NHK総合)で主演を務める。

今年1月期に放送された『ゾンビが来たから人生見つめ直した件』、現在放送中の『腐女子、うっかりゲイに告(コク)る。』に続く、NHKよるドラ枠第3弾。

同ドラマは「地下アイドル×女子オタ」をテーマに、生きづらさを抱えるヒロインのOLが、地下アイドルと出会い“オタク沼”にハマることで人生が変わる姿を描く。

◆脚本は『義母と娘のブルース』などの森下佳子のオリジナル作品

脚本は、“朝ドラ”こと連続テレビ小説『ごちそうさん』や大河ドラマ『おんな城主 直虎』(NHK)、『JIN -仁-』、『天皇の料理番』、『義母と娘のブルース』(TBS)などの話題作を多数執筆してきた森下佳子氏が手がける。

森下氏は「『地下アイドル』と『女オタ』『自己承認欲求』というモチーフはいかにも今っぽく、その奥に横たわる『青春』というテーマはすこぶる普遍的。つまり、とても魅力的。厚かましくも関わらせていただくことになりました」と、とても楽しげ。

◆地下アイドル役には白石聖などをオーディションで選出

『絶対正義』(2019)

怪演が話題となった白石聖。同作には桜井ユキも出演。

桜井は、ヒロイン・愛を演じる。そんな愛が“推す”地下アイドルのハナ役に、CMやドラマで話題の美女・白石聖。ほか、オタク仲間を細田善彦や村杉蝉之介が演じ、松田るかや澤部佑の出演も決定。

1 2