1. まとめトップ

健康管理に役立つ便利アプリまとめ

健康管理やダイエットに取り組むのに便利で頼もしいスマホアプリがたくさんあります。その中から、運動・食事・体の数値の3つのジャンルに分けて、おすすめの健康管理アプリをご紹介します。

更新日: 2019年05月09日

1 お気に入り 560 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

OneMelodyさん

■運動管理アプリ

3分フィットネス

トレーニングは48種類の中から選択することができ、音声とアニメーションに従って行うため非常にわかりやすい。

体動かさなきゃな…と思ってはいても、トレーニングとかどうせ続かないと思ってなかなか手が出ないんですよね。でも1日3分で分かりやすいなら、ちょっとやってみようかなと思えませんか?

RunKeeper

音声アナウンス機能がついており、ランニング中でも走った距離やペースを案内してくれます。

ランニングしながら自分のペースなどを確認できるのは便利ですね。専属のトレーナーが一緒に走ってくれてるみたいで心強そうです。

■食事管理アプリ

MENUS

貧血予防や糖尿病予防、メタボ予防など、気をつけたい体調管理のテーマを登録しておくと、それに合った健康献立を提案してくれます。

毎日献立を考えるのって結構大変なんですよね。ましてや栄養価を計算しながらなんてとてもとても…。
こういうアプリがあると自分の家に栄養士さんがいてくれるみたいですごく助かります。

レコ☆サポ

全国のサポーターからダイエットを頑張る人にリアルタイムでメッセージが届きます!

食事や摂取カロリーの記録をつけるだけでもダイエットがしやすくなりますが、他の人から応援してもらえるとなると更に励みになりますね。

■バイタル管理アプリ

血圧計&高血圧管理

記録した血圧の収縮期・拡張期・脈拍をもとに「低血圧」~「2期高血圧」の5段階で血圧領域を自動で判定してくれます。

血圧測ってはみたものの、その数値が低血圧なのか高血圧なのかイマイチわからない、という方も多いのでは?こんな風に判定を出してくれると分かりやすくてありがたいですね。

健康診断宝

診断ができるのは、視力、聴力、血圧、心拍数、肺活量、呼吸数、血酸素、心理テスト。

病院で受ける健康診断は年に1回とか半年に1回程度。中には億劫で受診しないなんて方もいるんじゃないでしょうか。スマホアプリで気軽に診断できれば、日頃からの健康意識が高まって、病院の健康診断にも積極的になれるかもしれませんよ。

記録した血圧の収縮期・拡張期・脈拍をもとに「低血圧」~「2期高血圧」の5段階で血圧領域を自動で判定してくれます。

血圧測ってはみたものの、その数値が低血圧なのか高血圧なのかイマイチわからない、という方も多いのでは?こんな風に判定を出してくれると分かりやすくてありがたいですね。

1