1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

歩くだけで健康に!おすすめの「ウォーキング本」まとめ

通勤や通学など日常生活の中で手軽にできる健康法。試してみませんか?(病気の9割は歩くだけで治る! 、やってはいけないウォーキング、あなたの歩き方が劇的に変わる! 驚異の大転子ウォーキング、からだが変わる体幹ウォーキング、医師がすすめるウオーキング、人生変わった! 体幹コアウォーキング)

更新日: 2019年05月16日

4 お気に入り 3388 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

sryamaさん

◎『病気の9割は歩くだけで治る! 』 長尾和宏

歩くことがどれだけ健康に良いかということを、医者の立場から科学的に証明。実際の治療にも多く使われ、効果をあげています。 歩行が人生を変える29の理由をわかりやすく説明する本。

たまたま家族が借りてた、こんな本を昨夜、ざっと読んでみました。 「病気の9割は歩くだけで治る!」 よく歩くだけで自律神経も整い、セロトニンも出て免疫力も上がり…ほかにも、いいこと一杯ありそうなことが書いていました。 歩く意欲アップ…✨ (ちなみに今日は一万歩ちょっと) pic.twitter.com/EcFY1K0Vpe

「病気の9割は歩くだけで治る!」を読んでいる。ほんまその通りだと思う。歩くことと呼吸法で大概のことは解決できる。

歩くっきゃない 【病気の9割は歩くだけで治る 長尾和宏先生】 1、歩かないからメタボになり、心筋梗塞、脳卒中、がん、認知症につながっていく 2、歩くと幸せホルモンのセロトニン、安心感や幸福感を高めるオキシントンといったホルモンの分泌も高まる 3、履いただけで歩きたくなるシューズを選ぶこと pic.twitter.com/CoXmqs6FZW

◎『やってはいけないウォーキング』 青栁幸利

ウォーキング人口は、全国で4000万人いるといわれている。しかし、これまで「体によい」とされてきた歩き方の常識が、実は病気の引き金を引くものだったとしたら……

「やってはいけないウォーキング」は、ウォーキングが良くないと言っているわけではなく、健康に良いやり方でウォーキングをしましょうという本です。出版社の名前でちょっとどうかなと思いましたが、著者プロフィールに「ためしてガッテン」の文字を見て、即決。私の求めてる本だ、と思いました。

これはほんと実感としても分かる.足の裏が痛くなるだけであまり健康に効果ないんだよね,普通に歩いても.姿勢意識してある程度の負荷で歩くのを繰り返すのは大事 「やってはいけないウォーキング」から学ぶ最も適したウォーキング法 bit.ly/1Q9l79C

速歩き20分を含めた8000歩歩行をやっています。からだメイトというアプリにて歩数や中強度(3メッツ以上)の歩数も記録。とりあえず10日間やってみて2kg絞っています。青柳幸利さん著の「やってはいけないウォーキング」を実践中!ほどよく汗も出ていい運動になっています!

◎『あなたの歩き方が劇的に変わる! 驚異の大転子ウォーキング』 みやすのんき

日本人の知らない「本当に正しい歩き方」を、豊富なイラストと文章で分かりやすく解説。これまでの常識が180度変わる、歩き方の教科書です!

去年の12月に『あなたの歩き方が劇的に変わる! 驚異の大転子ウォーキング』を読んでから歩き込みトレーニングをするようになったんだけど、最近ようやく大転子を使って軸を動かす感覚がちょっとわかってきた。例えると、自転車に乗れなかったのが、急に乗れるようになった感覚に近い感じ。面白い。 pic.twitter.com/Ck8oiuKivh

みやす のんき著 あなたの歩き方が劇的に変わる! 驚異の大転子ウォーキング 読んだ。 著者はランニング本より実はこちらを世に出したかったんではないか。実際社会に与えるインパクトはこちらの方が大きいかも。大袈裟かもしれないけど、幸せになる為の最短コースを示していると思う。

前版『あなたの歩き方が劇的に変わる! 驚異の大転子ウォーキング』を友達に紹介したら楽に歩けると好評だった。 今は『ランナーが知っておくべき歩き方』を勧めてるあ

◎『からだが変わる体幹ウォーキング』 金哲彦

我流ウォーキングをやめて、本当に体に「効く」効率のいい歩きをしよう。

金哲彦「からだが変わる体幹ウォーキング」読了。正しいウォーキングフォームは正しいランニングフォームを作る。これまでフォームをあまり気にした事がない人にはいいかも。 pic.twitter.com/zn8aEZLT

「からだが変わる体幹ウォーキング(金哲彦)平凡社新書」図解付きで分かりやすいです。本格的にウォーキングするときに再読します。

久しぶりの新書。さらさら読めるものだな。 身体の使い方に興味があったのと、こういうの読めば多少は運動する...『からだが変わる体幹ウォーキング (平凡社新書...』金 哲彦 ☆3 bit.ly/1QU8rIL

◎『医師がすすめるウオーキング』 泉嗣彦

一日プラス一〇〇〇歩を心がけ、日常生活を活発化する─意識して活動的に歩く〈ライフスタイル・ウオーキング〉こそが、生活習慣病の予防・改善の近道なのです。

『医師がすすめるウオーキング』 (泉嗣彦著 集英社新書)読み終わる。1日にプラス1000歩を目標に、日常生活の中で、いままでより多く歩くことからはじめてみよう、という筆者。はじめてみよう、続けてみようを後押ししてくれる1冊。

泉嗣彦の『医師がすすめるウオーキング』読了。医師らしく減量というよりも検査値の改善を主眼に入れて書かれているためただのダイエット本とは異なる。岡田斗司夫に欠けている医学的データの部分が十分補完されておりオススメの一冊。

日常的に機敏に歩くようになったり、こまめに身体を動かすようになると、普通の生活をしているだけで、運動をしたのと同じ効果が上がるようになります。 『医師がすすめるウオーキング』

1 2