1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

いざゆけ無敵の若鷹軍団♪

尾形崇斗

生1999.5.15
出身:宮城県富谷市
高校:学法石川

育成入団であるが支配下同級生より先に二軍公式戦へ。
千賀も直球を絶賛。

高校は福島県石川郡石川町の学校法人石川高等学校に進学。1年生の夏からベンチ入りし[3]、2年生の秋にはエースとなる[2]。甲子園出場経験は無いが、1年生秋には秋季東北大会において準々決勝に進出する[5]。3年生の春の春季福島大会では、最速147km/hを計測し注目を集める[6]。3年生の夏の第99回全国高等学校野球選手権福島大会では準々決勝に進出するが、日大東北高校に5対4で敗れた[7]。
2017年10月26日に行われたプロ野球ドラフト会議において、福岡ソフトバンクホークスから育成選手ドラフト一巡目指名され[8]、11月23日、仙台市内にて入団交渉を行い、支度金300万円、年俸360万円(金額は推定)で契約合意に達し[2]、12月7日、福岡市内のホテルで入団発表会見が行われた[9]。

学校法人石川高等学校

著名な野球関係者
柳沢泰典(硬式野球部 元監督・総監督)
佐々木順一朗 硬式野球部監督(元仙台育英学園高等学校硬式野球部監督)
阿部八郎(元阪急ブレーブス'49・投手)
鈴木幸弘(元サンケイアトムズ'66-ドラフト外(テスト入団)・内野手 '69グローバルリーグに参加)
近藤重雄(元ロッテオリオンズ'71-5位・投手)
遠藤一彦(元横浜大洋ホエールズ'77-3位・投手 野球解説者)
長谷川達栄(元日本ハムファイターズ'82-6位・投手)
松井達徳(元中日ドラゴンズ'89-4位→阪神タイガース・外野手)
諸積兼司(元千葉ロッテマリーンズ'93-4位・外野手 現千葉ロッテマリーンズスタッフ・スカウト)
伊藤博康(元読売ジャイアンツ'91-4位→福岡ダイエーホークス・外野手 現東日本国際大学附属昌平中学・高等学校 硬式野球部監督)
作山和英(元福岡ダイエーホークス'91-2位・投手 福岡ソフトバンクホークス・スカウト)
川越英隆(オリックス・バファローズ→千葉ロッテマリーンズ'98-2位・投手 現千葉ロッテマリーンズコーチ)
鈴木伸彦(福岡ダイエーホークス→福岡ソフトバンクホークス一軍マネジャー)
岩崎淳一(元シンシナティ・レッズマイナー・投手)
河村雅志(茨城ゴールデンゴールズ・内野手)
五十嵐竜亮(元信濃グランセローズ・内野手 現会津農林高等学校硬式野球部監督)
松本匠(元福島ホープス・投手 )
尾形崇斗(福岡ソフトバンクホークス'17-育成1位・投手)

九鬼隆平

生1998.9.5
出身:大阪府枚方市
高校:秀岳館高校

秀岳館高校では主将として3年春と3年夏の2度、甲子園に出場しいずれも4強[2]。第11回 BFA U-18アジア選手権大会でも主将を務め[3] 、優勝に貢献[4]、優秀守備選手の表彰を受ける[5]。
→広い人間力も捕手としての武器と言える。

強肩強打の捕手。将来の正捕手候補 [14]。高校とU-18では4番打者を務めた[4]。
50メートル走6秒0の俊足も武器とする。高校通算で26本塁打を放った。

2018年は怪我に悩んだ。

秀岳館高校
スポーツ著名人
与田順欣 - 元プロ野球選手
豊永隆盛 - 元プロ野球選手
中島弘美 - 元プロ野球選手
渡辺長助 - 元プロ野球選手
遠山奬志 - 元プロ野球選手
松中信彦 - 元プロ野球選手
国吉佑樹 - プロ野球選手
藤吉優 - 元プロ野球選手
宮本秀明 - プロ野球選手
九鬼隆平 - プロ野球選手
松尾大河 - プロ野球選手
田浦文丸 - プロ野球選手

ホークス九鬼が現状維持でサイン 甲斐には「バッティングでは負けちゃいけない」
ソフトバンクの九鬼隆平捕手が19日、契約更改に臨み、現状維持の推定600万円でサインした。
 今季の九鬼は、春季キャンプをA組で迎え、オープン戦も1軍に帯同した。結果として1軍公式戦での出場はなかったが、2軍戦で15試合、3軍戦で48試合に出場。3軍戦では3割を超える打率を残して“打てる捕手”としての存在感をアピールした。
「キャンプ、オープン戦で1軍でやらせてもらって『頑張ればできる』という自信になりました。あの経験は大きかったですね」
 球団からも「全体的に成長できている」という評価をもらう一方で「スローイングに課題があるとも言われましたし、自分でもそれはわかっています。セカンドまでの送球タイムや正確性をもっと磨いていきたいです」と課題を口にした。

田中正義

生1994.7.19
出身:神奈川県横浜市
高校:創価高校
2017年ドラフト1位

5球団が競合したドラフトで1位。
2018年、一軍デビューするも二軍暮らしが多かった。

鷹2016年ドラ1田中正義、右肩の張りでリハビリ組へ 開幕1軍入り厳しく
ソフトバンクの田中正義投手が、リハビリ組に降格することになった。28日の「球春みやざきベースボールゲームズ」ロッテ戦をもってキャンプから続いた28日間の宮崎滞在が終了。最終日となったこの日、倉野コーチが田中がオフ明けとなる3月2日からリハビリ組となることを明らかにした。
倉野コーチが明かす「疲労からくる右肩の張り。試合に投げられる状態じゃない」
 ソフトバンクの田中正義投手が、リハビリ組に降格することになった。28日の「球春みやざきベースボールゲームズ」ロッテ戦をもってキャンプから続いた28日間の宮崎滞在が終了。最終日となったこの日、倉野コーチが田中がオフ明けとなる3月2日からリハビリ組となることを明らかにした。

武田翔太

宮崎日大高等学校では1年秋からエースとなり、長身を活かした投球スタイルから「九州のダルビッシュ」と呼ばれる。3年時夏は、宮崎県予選準々決勝の鵬翔高校戦で11奪三振を奪うが、脱水症状で足がつり9回裏に途中降板し、救援した投手が打たれ0-1でサヨナラ負けする[3]。甲子園出場経験は無し。
2011年10月27日、プロ野球ドラフト会議で福岡ソフトバンクホークスから1位指名される[4]。背番号は30。

目標としている投手は杉内俊哉と和田毅で、「セールスポイントは笑顔です。スピードボールで三振も取りたいですが、頭を使った投球が出来る投手になりたい」と新入団選手発表で語った[59]。また、ソフトバンクの前身であるダイエー時代に同姓である武田一浩が在籍していたことなどから「ホークスの武田二世」とも呼ばれている。同期入団の吉本祥二は高校時代に下町のダルビッシュと呼ばれ、九州のダルビッシュと呼ばれた武田と「Wダルビッシュ」として注目を集めた[60]。
読書家であり、移動中は多種多様な本を読んでいる。法律系の国家資格である宅地建物取引士、行政書士の資格を取得している。座右の銘は、「意志ありて道あり」。
遠縁にコブクロの小渕健太郎がいる[61]。好きなアーティストはUVERworldで、2014年から楽曲を登場曲にしている。ライブにもたびたび訪れるほか、メンバーとも親交がある。

これだけ苦しんでいるのは不思議? ホークス武田の不振の要因を数字で探る
ソフトバンクの若き右腕、武田翔太投手が苦しんでいる。2015年から2年連続で2桁勝利を挙げ、2017年のWBCのメンバーにも選出されるなど侍ジャパンの常連にもなっていた武田は、昨季も故障がありながら6勝を挙げて日本一にも貢献。ホークスが誇る先発陣の一角として、チーム内外から非常に高い評価を受けていた。

千賀滉大

生年月日:1993.1.30
出身:愛知県蒲郡市
高校:蒲郡高校

優勝時点で13勝3敗、防御率2.23。ひとりで貯金を10もつくった千賀。170センチと小柄ながら主戦捕手に成長した甲斐。そして先発、中継ぎとフル回転した石川。彼らはいずれも「育成」出身なのである。
一般企業にたとえて言えば非正規雇用ながら、その働きぶりが評価され、正社員にとりたてられるとともに、報酬面でも大幅なベースアップを勝ち取った、いわば〝非エリートの星〟である。
千賀の次のセリフが泣かせる。
〈1軍に行きたいという気持ち。3人ともあったと思う。ちょうど西戸崎から(博多湾を挟んで)見えていて、ドームで投げたいって。〉
西戸崎とは福岡市東区にあった二軍・三軍の合宿所である。約8キロ先に一軍の本拠地ヤフオクドームが威容をたたえている。越すに越されぬ博多湾を眺めながら、彼らはハングリー精神を養ったのである。

入団当初はほとんどストライクが入らなかったそうで1年目は主に3軍戦での出場になります。
コーチからの指導や練習で次第に制球力を上げ、マックス152キロと球速も伸びてきたため2年目は1軍に抜擢されます。
しかしオープン戦でケガをしてしまったため2軍で開幕を迎えることになりました。
その後再び1軍登録されますが、シーズンを通して2試合のみの登板となり0勝1敗という結果に終わります。
3年目の2013年は中継ぎとして開幕1軍として出場し、救援投手としてパリーグタイ記録となる「34回3分の1」の連続無失点イニングを達成し、年俸も650万から3300万と大幅アップとなります。
元々先発を希望しており、2015年からは先発として登板することが多くなってきます。
そして今シーズンはシーズンを通して先発投手して出場し、育成ドラフト出身投手としては1軍公式戦最多勝となる12勝を挙げます。

日本シリーズの開幕投手を務めた史上初の育成出身選手。

2013年 救援投手による公式戦連続無失点イニング(34回3分の1)のパシフィック・リーグタイ記録を樹立

2016年 9月3日の対楽天戦(コボスタ宮城)では、自身2度目の完投でシーズン12勝目を挙げたことによって、NPBの育成ドラフト出身投手による一軍公式戦でのシーズン最多勝利記録を達成している

平均約153km/h[72]・最速161km/h[73]のフォーシーム、落差の大きいフォーク[74]、縦のスライダーを投げ分け空振りを奪うスタイル[75]。特に驚異的な落差を誇るフォークボールは「お化けフォーク」と呼ばれ、千賀の代名詞として定着している

1