1. まとめトップ
  2. レシピ

中毒性やば…Twitter民が激ハマりしている悪魔の「おつまみ」!

サラダチキンにチーズ、ブロッコリーの茎にコンビーフ…みなれた食材が悪魔の味になる!?Twitterをざわつかせている簡単レシピをご存知ですか…コスパ最高、時間もかからないので本当におすすめですよ!一人でも多くの人に伝えたくてまとめてみました!!

更新日: 2019年05月10日

144 お気に入り 61744 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

お酒との相性ハンパないって…これは作るしかない!

critical_phyさん

◎お酒好きなみなさん…今Twitterで激ウマおつまみが続々と誕生しています!

▶うまさの塊や…「サラダチキン」に一手間ですごいことに!

サラダチキンは、鶏むね肉を手軽に取り入れることができると人気の商品。肌や髪、爪、筋肉の材料となるたんぱく質の摂取に適しており、美容・ダイエットを意識する女性からも注目を集めています。

世に知らしめた立役者といえばセブン-イレブン。ですが、最近は各社からもぞくぞくとこだわりの商品が登場し、あらゆるところで購入できるようになりました。

作り方は、蒸した鶏むね肉を好みのサイズに切って、塩・胡椒・オリーブオイルを和え、お好みでバジルなどを振りかけるだけと、とても簡単なので手作りするのもいいかもしれない。

サラダチキンに黒胡椒たっぷりまぶしてレンチンしてジャーキーっぽくしてからチーズで焼いて食ってるけどマジ最高にアルコールジャンキーと化してる pic.twitter.com/WLSvymIjVN

サラダチキンさいてチンしたやつまじで美味いわジャーキーみたいになる pic.twitter.com/8UTF2ypGwo

サラダチキン(ガーリック)を割いてレンチンすればジャーキーになるというツイを見てから小腹が空いたらこれ食べてる pic.twitter.com/G0aLcMHzDZ

▶間違いなし…「チーズ」に黒胡椒を合わせるだけの簡単レシピ!

お肉、お魚、野菜、果物など、幅広い食材と相性がよく、前菜からデザートまでさまざまな料理で活用されるチーズ。

そのままを食べるも良し、ひと手間加えてアレンジしても良しで大人気ですよね。また、肝臓の修復を助けてくれるタンパク質が多く含まれているというのもチーズが選ばれている理由です。

身体に必要なアミノ酸をバランス良くふくみ、タンパク質のなかの王様とも言われています。このアミノ酸は肝臓の機能改善や肝臓疾患治療に効果があるともいわれています。チーズをおつまみにアルコールを飲むと悪酔いしにくいのは、このアミノ酸のおかげなのですね。

リツイートでまわってきたチーズの黒胡椒まみれが地味に止められない止まらない!そして胡椒が歯の隙間にハマる(笑) pic.twitter.com/4dLAf4FVZp

帰宅して早速ご飯! 梅酒とTwitterで見たチーズに黒胡椒まぶしたやつ! すごく美味しい\❤︎/ みんなもやるべき pic.twitter.com/0rYISrm1wK

やりましたえ。 バズってた チーズの やつー。 黒胡椒が粗挽き過ぎな。 pic.twitter.com/4s6ZUtDcWR

▶捨てちゃダメ…「ブロッコリーの茎」は漬物にしてみよう!

とても栄養価の高い野菜として知られるブロッコリー。ごはんをブロッコリーに変更できるお弁当屋さんもあったり、その栄養の豊富さから、人気が再燃してきている野菜です。

つぼみの部分だけ食べて茎は捨てられてしまうことも多いブロッコリー。実は茎の方が栄養価は高いってご存じでしたか?

茎は小房よりもやや淡白な味わい。さっと茹でてから料理に使いましょう。乱切りにしてサラダにするのも美味しいですが、薄切りにして炒めものや味噌汁に加えたり、千切りにして肉巻きの具にしたりするのもおすすめ。

ツイッターでバズってたブロッコリーの茎のおつまみがマイブーム 自分で作って自分で消費するのはちょっと寂しいな pic.twitter.com/xrN3YZK08q

ちょっと前にバズってたブロッコリーの茎をゴマ油と醤油で漬けるやつをやるぜ pic.twitter.com/kFudKimPLc

ちょっと前にバズってたブロッコリーの茎をしょうゆとごま油につけるやつやってみたんやけど、美味しすぎてびっくりしてる。 これ食べるためにブロッコリー爆買いしたい勢い。 pic.twitter.com/wHn3FC2oFS

▶禁断の味…「コンビーフ」は玉ねぎと合わせるべし!

コクとうま味、ホロホロ食感がたまらないコンビーフは、じゃがいもなどをはじめ、いろいろな野菜との相性がバッチリ。

意外と調理方法のストックは多くないかもしれません。「どうやって食べればいいの?」という声もよく耳にします。人気のようで、意外と調理法がワンパターンになりがちなのかも。

1 2