1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

ラガモさん

6月に公開されるアニメーション映画

映画『鉄コン筋クリート』で第31回日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞を受賞し、そのハイエッジな映像表現で確固たるブランドを築いてきたSTUDIO4℃がついに映像化。

原作は、五十嵐大介原作の

圧倒的な画力による緻密な描写と独特な世界観、哲学的な物語展開などでデビュー時から熱狂的なファンを持つ漫画家、五十嵐大介。

他人とうまく接することができない中学生の少女・琉花が、ジュゴンに育てられた不思議な2人の少年・海と空に出会う海洋ファンタジー。

第38回日本漫画家協会賞優秀賞、第13回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞するなど高い評価をうけている。

主題歌を米津玄師が担当することでも話題に

米津と「海獣の子供」の原作者・五十嵐大介は、米津が公式イメージソングを担当した2016年の美術展「ルーヴルNo.9 ~漫画、9番目の芸術~」の頃から親交があり、今回のコラボにつながった。

完成報告会見では、声優をつとめた芦田愛菜が米津好きを報告

声優陣には主人公の琉花役に芦田愛菜、海役に石橋陽彩、海の兄 空役に浦上晟周がキャスティング

芦田愛菜が9日、都内で行われたアニメ映画『海獣の子供』(6月7日公開)完成報告会見に出席。

芦田は「米津さんの曲はすごく好きでよく聴いていて、歌詞が素敵で魅力を感じています。主題歌を歌ってくださると聞いたときはびっくりして、どんな曲かと楽しみにしていました」と感激を表した。

そんななか、新たな予告編で主題歌“海の幽霊”の一部が解禁に

【6.7公開】 『海獣の子供』 予告2

映画のキャッチコピーにもある「一番大切な約束は、言葉では交わさない」という作品テーマとも通ずる

圧巻の映像美を、米津玄師の切なくも美しいメロディーと高く響き渡る声が包み込み、『海獣の子供』の唯一無二の世界観を表現している。

ネットからは、公開が楽しみとの多くの声

1 2