1. まとめトップ
  2. 雑学

中には意外な人物も?!…時代を築いてきた男性芸能人の喧嘩伝説

渡瀬恒彦、南こうせつ、松田優作、吉川晃司、瑛太。言わずと知れた男たちの喧嘩伝説をまとめました。

更新日: 2019年05月10日

1 お気に入り 20273 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

・安岡力也をボコボコにした渡瀬恒彦

松方弘樹、梅宮辰夫といったケンカ自慢で鳴らす同世代の強面役者でさえ「恒彦とは喧嘩しない」と漏らしたほど。

「“芸能界最強は誰だ”という話になると、必ず名前が挙がるのが渡瀬さんですよね。東映撮影所で見せたケンカの数々は今でも語り草。力自慢の俳優、用心棒、格闘家の“半殺しの屍”が累々と並んだそうです」(スポーツ紙記者)

「12年4月に亡くなった安岡力也は元プロキックボクサーで立派な体格をしていました。しかし渡瀬が安岡を駐車場に呼び出して“半殺し”にしたことはあまりに有名です。」

芸能関係者

渡瀬恒彦は「クールスの連中をボコった」「館ひろしを川に投げた」「安岡力也を半殺し」「松田優作を瞬殺」「岩城滉一を瞬殺」「ガッツ石松が"渡瀬さんに比べたら僕なんか"」等の芸能界喧嘩最強エピソードが大好きでした。

・南こうせつは長渕剛をボコボコにしたとか

普段の活動で見せる人の良さとは裏腹に、吉田拓郎より喧嘩が強いらしい

新幹線で移動の際に同じグリーン車両で酒を飲んで横柄な態度をとっていたヤクザに対し、胸座をつかんで「ハイ!! 皆さん、どうも南こうせつでございます。こういう方は許して良いんでしょうか皆さん」と言ったという

後日、伊集院光がラジオ番組のゲストに来た南こうせつに事実確認したところ、確かに過去に新幹線の中で二人の乱暴者と乱闘になったこと、また酔っぱらいの事件が事実であることを認めた。

「温厚そうな雰囲気ですが、若い頃はケンカっ早いことで有名だったとか。長渕剛さんをボコボコにしたとか、複数のアウトローを素手で素早く打ちのめしたとか、本人に直接お尋ねできないエピソードを数多く聞きました」(テレビ局社員)

役者で喧嘩最強が渡瀬恒彦さんで ミュージシャンで最強が南こうせつだと聞いて噴き出した。

・松田優作は予備校生をワンパン

森田芳光監督「家族ゲーム」など日本を代表する映画に出演し、さらに米映画「ブラック・レイン」(1989年)での好演で知られる不世出の俳優です。

『俺たちの勲章』の鹿児島ロケ打ち上げの際、19歳の予備校生に対して共演者と共に暴力を振るい、全治3か月の重傷を負わせた容疑で警視庁新宿警察署に逮捕

このため、毎日放送の4月新番組『隠し目付参上』をクランクイン寸前に降ろされ、1年間テレビドラマのレギュラー出演を自粛した

松田優作って昔逮捕されてんの?なんか19歳の予備校生に全治三カ月の重傷を負わせたとかなんとか

・吉川晃司は元ボクサーを病院送りに

幼少の頃から少林寺拳法に親しみ、高校時代には水球日本代表に選ばれたアスリート顔負けの身体能力を誇る吉川。

98年には知人を殴った傷害事件で逮捕されたのだが、その内容がすごい。

吉川は「一方的に殴ったわけじゃない。相手もボクシングの経験があった」と弁明。

記者が何発殴ったのか?と質問すると「ワン、ツー、スリー?」「こう、こう、こう、うん、3発殴った」と、パンチをする身振りを交えて説明して見せます。さらに「僕はちょっと人より力が強いみたいで…」とも発言していました。

吉川晃司伝説。 ・広島にやべーやつがいると手紙を送りデビュー。 ・広島から泳いで上京した。 ・紅白でギター燃やす。 ・肩幅が広すぎてトイレのドアを抜けられなかった。 ・親友の尾崎豊のギターを蹴ったボクサーに激怒し、鼻と肋骨を折って病院送りにした。 ・ウーパールーパーを飼っている。

・瑛太は錦戸に飛びかかり拳で殴りつけた

1 2