1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

■7日、8日とスタメン出場したものの無安打だった大谷

エンゼルスの大谷翔平投手は8日(日本時間9日)、敵地タイガース戦に「3番・DH」でスタメン出場。

大谷は6回の第3打席で右ヒジに死球を受けるが、タイガースの一塁手カブレラと談笑するシーンも見られるなど、そのままプレーを続行。

■しかし、大谷翔平にスランプという文字は無かった

米大リーグ、エンゼルス・大谷翔平投手の今季初安打に現地が沸いている。9日(日本時間10日)、敵地タイガース戦に「3番・DH」でスタメン出場。

無死一、二塁で左腕カーペンターの内角のスライダーを引っ張ると、打球は今季初めて内野を越え、右中間に弾む。

MLB公式サイトの解析システム「スタットキャスト」によると、打球の初速は111マイル(約178.7キロ)。211日ぶりの安打は大谷らしいクリーンヒットだった。

■第二打席にも内野安打を放ち、マルチヒットを記録した

三塁手を強襲する内野安打を放ち、全打席の結果は4打数2安打、1打点、1三振、1四球だった。

大谷翔平投手、復帰後初安打がタイムリーヒットというのはさすがですね✨✨

大谷復帰後3試合目で4打数2安打のマルチヒットは普通に凄いな...

大谷ヒット出たか こんなにワクワクするのは大谷くらいだ!

■オーマス監督は大谷のヒットを受け安堵の表情

大谷の復帰後初安打にブラッド・オースマス監督も「打てたことは良かった」と胸をなでおろした。

また、続けて「オリオールズ戦では、より相性のいい右腕とも対戦することになるだろう」と話した。

■大谷も冷静に今季初ヒットを振り返った

「僕はまだ始まったばかりなので、特にシーズンの最初の1本と言うだけですけど、チームにとって今日の勝ちの1点目を取れたのでそういう意味ではよかったかなと思います」

10日からはオリオールズとの3連戦で、投打の「二刀流」で比較されてきた伝説のベーブ・ルースが生まれたボルティモアで行われる。

1 2