1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

『ルパンの娘』から『ノーサイド・ゲーム』まで!夏の「小説実写化」ドラマが面白そう

2019年7月期夏の「小説実写化」ドラマには期待作が多数。深田恭子×瀬戸康史『ルパンの娘』、小泉孝太郎『警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~SEASON 4』、古田新太×ムロツヨシ『Iターン』、溝端淳平『仮面同窓会』、大泉洋『ノーサイド・ゲーム』、志尊淳『潤一』。

更新日: 2019年05月15日

7 お気に入り 14478 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『ルパンの娘』(木曜夜10時、フジテレビ)

女優の深田恭子が主演を務め、俳優の瀬戸康史がその恋人役を演じるドラマ『ルパンの娘』が、フジテレビ系にて7月から毎週木曜22時に放送される。

横関大の同名小説をもとにする本作は、泥棒一家の娘と警察一家の息子の許されない恋を描くラブコメディ。

◆『警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~SEASON 4』(金曜夜8時、テレビ東京)

小泉孝太郎が主演を務めるドラマ『警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~SEASON4』(テレビ東京系/毎週金曜20時)が7月より放送される。

作家・富樫倫太郎氏の「生活安全課0係」シリーズが原作。小泉演じる“空気は読めないが事件は読める”エリートキャリアで究極のKY刑事・小早川冬彦と、松下由樹ふんする“男まさりで口の悪い”ベテラン刑事・寺田寅三の“迷コンビ”が、難事件を解決していく。

前作から引き続き、毒舌の事務員・本条靖子役に安達祐実、カレーライスと犬をこよなく愛する巡査・桜庭勇作役に木下隆行、岩手訛りが抜けない、ゆとり世代の巡査・太田文平役に戸塚純貴らゼロ係のメンバーが集結。

いつものごとくゼロ係は難事件に巻き込まれていく。その一つが"平成のヴァンパイア"の異名を持つ、殺人鬼による事件。今シーズンは新たに、寅三の天敵となる女性管理官と、正義感あふれる刑事部長も登場。事件は徐々に警察内部を揺るがす事件へと発展していく。

◆『Iターン』(金曜深夜0時12分、テレビ東京)

福澤徹三の同名小説を原作に、ムロツヨシがテレビ東京ドラマ初主演で、古田新太とW主演を務める。

広告代理店に勤める営業マン・狛江光雄(ムロ)が、ヤクザが行き交う“修羅の街”に左遷され、自分を取り戻すために奮闘。狛江はあるトラブルをきっかけに、ヤクザ・岩切猛(古田)の舎弟にさせられ、個性の強い2人の組長の間で右往左往する。

◆『仮面同窓会』(土曜夜11時40分、フジテレビ)

オトナの土ドラ枠で2作目となる雫井脩介の同名小説を、溝端淳平主演でドラマ化。

高校の同窓会に参加した新谷洋輔(溝端)ら4人は、出来心からかつての体罰教師への仕返しを計画する。そこから不可解な殺人事件に発展し、彼らの人生を狂わせていくことに。

瀧本美織、佐野岳、木村了、廣瀬智紀が出演。瀧本は、洋輔が高校時代に憧れていたクラスメイトの竹中美郷に。洋輔の友人である皆川希一に佐野、大見和康に木村、片岡八真人に廣瀬が扮する。

「不能犯」「ピーチガール」の山岡潤平が脚本を手がけ、「ミスミソウ」の内藤瑛亮と「体操しようよ」の菊地健雄が演出を担当する。

◆『ノーサイド・ゲーム』(日曜夜9時、TBS)

大泉洋が、作家・池井戸潤の書き下ろしの新作をドラマ化する7月スタートのTBS日曜劇場「ノーサイド」(仮)で主演を務める。

大手製造メーカー・トキワ発動機の中堅サラリーマン君嶋隼人を主人公とした本作。出世コースから外れ、左遷させられた先で会社のラグビーチーム“アストロズ”のゼネラルマネージャーを任された君嶋が、低迷するチームの再起に奮闘するさまが描かれる。

1 2