1. まとめトップ

IoTセンサーの最先端!IoTメーカーのデバイス一覧

2019年EUのIoTスタートアップトップ10にも選出された、インダストリー4.0時代のサプライチェーン管理、トレーサビリティを先導するIoTメーカーのIoTデバイス、センサーを紹介します。ブロックチェーンとIoTにより非常に安全で効率的なデータ管理、共有、消費者への品質保証が実現します。

更新日: 2019年05月17日

9 お気に入り 880 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

インダストリー4.0の時代、最も勢いのある最先端IoTデバイスを開発しているAmbrosusという企業のIoTセンサー、IoTデバイスを紹介します。

スイスのAmbrosus Innovation Lab

スイス発のブロックチェーン&IoT企業Ambrosus(アンブロサス)は、いま最もIoTデバイスで勢いのある企業と言っても過言ではありません。その理由をAmbrosusが開発しているIoTデバイス・センサーと共に説明していきます。AmbrosusはInnovation Lab(イノベーションラボ)というIoT研究所を所有しています。

AmbrosusのIoT技術を紹介する前に、Ambrosusという企業について少しだけ触れておきます。

AmbrosusはIoTとブロックチェーン両方に精通し、サプライチェーン管理(トレーサビリティ)を効率化する

AmbrosusのIoTとブロックチェーン技術により、商品データの管理や共有、消費者へのアピール、法律遵守の証明、リコール時の迅速な対応、保険の申請などが容易に。

食品や薬品といった生命に関わる商品以外でも、高級品の品質証明などユースケースはあらゆる業界に及びます。

以下のURLから画像のテストデータを確認可能です。これはAmbrosusのブロックチェーン(AMB-NET)上のデータを閲覧するためのWebアプリケーションです。消費者はこのようなアプリを通じて、簡単に商品の産地、流通経路や温度管理などの情報を確認することが出来ます。
https://amb.to/0x035b2afeff03bb632aeb15c5d4815697ceb7b5d064db8549bffb6dd387cabf26

EUのIoTスタートアップ・トップ10に選出(2019年)

2019年2月、EU-Startupsが選ぶEU圏のIoTスタートアップ企業トップ10に選ばれています。

欧州委員会(EC)主催の協会、INATBAの設立メンバーに

INATBAはthe International Association for Trusted Blockchain Applicationの略です。信頼可能なブロックチェーンアプリケーションのための国際協会という意味ですね。INATBAの役割は、ブロックチェーン企業と規制当局、政策立案者たちとを引き合わせ、ブロックチェーン技術を次なる段階へと引き上げることです。

#Ambrosus becomes the Founding Member of Supply Chain Working Group at #INATBA and more great updates about $AMB shaping the future of European #Blockchain industry! D-9 $MKR $REP $EOS $BAT $BCH $BTC $BTCP $LTC $XMR blog.ambrosus.com/ambrosus-at-in…

サプライチェーン管理、トレーサビリティをブロックチェーンとIoTで効率化するAmbrosusは、INATBAのサプライチェーン・ワーキンググループのメンバーになっています。

AmbrosusのIoTセンサー・デバイス一覧

それではIoTソリューション紹介していきます。

既存のRFID・IoTタグの10倍安い!?革新的なLCSタグ

LCSタグとは、Low Cost Serializationタグの略です。つまり、低コストで商品に識別番号を与えて管理する事を可能にするIoTタグという事です。どれくらい低コストかというと、なんと約1セント!既存の同様なRFIDタグ等が10セントほどなので、10倍近く安い(!)ということになります。さらにタグには電子部品が含まれておらず、簡単に印刷可能なため、既存の生産ラインに組み込むことが容易です。またそのような部品を持たないので、最も持続可能(サスティナブル)なソリューションの一つです。この価格の安さと強力な付加価値により、今まではタグ付け管理が不可能だった低価格商品にも適用可能です。

4つ目に、タグはステッカーに印刷可能です。それはつまり、商品が不正にいじられていない事を保証するためのシールとして使うことが出来るという事です。もしそのシールが剥がされればタグは送信を止め、リーダー(読み取り機)がその失敗を突き止めます。

不正開封、改ざん防止機能付き。さらにチップなどの電子回路や部品を持たない構造のため、同様なものの中で最も持続可能なソリューションになっています。

その他のタグ付けソリューションはこちら

OPTIC、NFC、UHFの仕様表
それらタグのモノへの統合方法一覧
開封を検知、偽造を防止するシール等

多くの環境を測定できるスマートデバイス・IoTセンサー

What is this? Follow #Ambrosus presentation at the Crypto Valley Conference this week to find out! $AMB #IoT #blockchain #sensors $ETC $ETH pic.twitter.com/s0BOCbcsNn

AmbrosusのIoT研究所イノベーションラボは、非常に多岐にわたるセンサーを利用可能にしています。

画像に記載の項目は以下の通り。
• Gyroscope
• Magnetometer /
orientation
• Pressure
• Vibration
• Carbon emissions (CO2, O2,
CH4, etc.)
• Distance (through IR, Ultrasound, laser, light rangefinder, interferometer)
• IR temperature
• Radio Frequency
• Sound intensity or
frequency
• Color / camera
• Fingerprint scanner
• Iris Eye Scanner
• pH
• Hall sensor / magnet
• Water detection / water
meter
• LIDAR, for Light Detection
And Ranging
• Nuclear

最も基本的な項目は、現在のところ温度、湿度、光量、衝撃(ショック)だそうです。4種類のセンサーが色々な組み合わせで組み込まれたケースが用意されていて、それぞれケースによって大きさやバッテリー寿命が異なります。上記の色々なセンサーに関しても要望によって追加可能で、Ambrosusに要相談です。

1 2 3