1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

今からでも遅くない!評価の高い「一話完結型」の春ドラマ

春ドラマも序盤から中盤に移る時期ながら、まだ間に合う「1話完結型」で評判の良い5作品。『ラジエーションハウス〜放射線科の診断レポート〜』、『白衣の戦士!』、『緊急取調室 第3シーズン』、『インハンド』、『きのう何食べた?』。

更新日: 2019年05月18日

6 お気に入り 12944 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

脇役も演技派で固め、満足度も高い「月9」ドラマ

◆『ラジエーションハウス〜放射線科の診断レポート〜』(月曜夜9時、フジテレビ)

同名コミックを原作に、窪田正孝主演でドラマ化。ある総合病院の放射線科を舞台に、“視えない病”を見つけ出す縁の下のヒーローたちの戦いを描く。窪田は、レントゲンやCTで病変を写し出す放射線技師・五十嵐唯織役。

毎回新しい患者さんが来て、それを唯織というもの凄い天才 を中心に、写真をもとに真実を読みとっていく1話完結の物語。そこに恋愛要素もあり、コミカルなシーンもあり、人間ドラマもあり。

主演の窪田正孝(30才)は、独特の雰囲気がハマっている。芸歴24年目で第2次ブームが来ている山口紗弥加(39才)や遠藤憲一(57才)など主役級の役者たちが脇を固める万全の布陣。

ドラマの評価指標としては、エイト社「テレビ視聴しつ」が実施している満足度もある。『ラジエーションハウス』は3.80で4位。5段階評価で最高点を付けた視聴者が多かった。

ラジエーションハウス毎回面白い。窪田くんの表情の変わり具合が好き。

ラジエーションハウス 医療ドラマにして派手さはありませんが とても良質なドラマです。 演技派の方がしっかりと脇を固めていて素晴らしいです!主演の演技派・窪田くんなので 今後も絶対観るドラマです❗ #ラジエーションハウス #窪田正孝 #良質な #医療

わかりやすく、気軽に楽しめるナースコメディ

◆『白衣の戦士!』(水曜夜10時、日本テレビ)

中条あやみ、水川あさみのW主演。「命と戦う場所」である病院で責任を持って働く看護師=“戦士”にスポットを当てた痛快ナースコメディードラマ。

明るく型破りな元ヤンキーの新米ナース・立花はるか(中条)と34歳でナースのやりがいも薄れ、成果はないが婚活中の三原夏美(水川)が仕事に恋に奮闘する姿を描く。

医療モノが人気を呼ぶ要因のひとつとして“一話完結”というところがあるが、もちろん今作も同様。毎回違う患者にフィーチャーするため、各話ごとにテーマがわかりやすい。

権力争いなどお堅いイメージのある医療ドラマとは真逆の位置にあるナースコメディ。「こんなナースはイヤだ」とツッコを入れつつ、ただ笑い、ホッコリする。難しい考えは一切排除。

週の中にあって気軽に気楽に見られる白衣の戦士。見てて気持ちが明るくなるー!明日はドキドキの第4話 #白衣の戦士 #ジャニーズWEST #アメノチハレ #小瀧望

視聴率&内容ともに今期トップクラス

◆『緊急取調室 第3シーズン』(木曜夜9時、テレビ朝日)

本作は、天海演じる叩き上げの取調官・真壁有希子が、可視化設備の整った特別取調室で取り調べを行う専門チーム「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」のメンバーと共に、数々の凶悪犯と一進一退の心理戦を繰り広げる姿を描く。

基本的に1話完結で進んでいくので問題なし。途中参加でもOKだ。あと、フォーマットがあるのでビギナーも見やすい。「緊急取調室」は、いつもゲストが犯人なのだ。

1 2