距離が近すぎると、ピントは合いません。
その場合は、少し後ろに下がりましょう。

手ブレが原因の場合もあります。
カメラが動かないようにしっかり構えて。
シャッターを押して、一呼吸してから動かすくらいの気持ちで撮りましょう。

カメラが合わせきれない場合もあります。
角度や距離を変えながら、とにかくピントが合う場所を探します。

どんなにきれいなバラでも、ピントが合っていなければ、写真を見る人には伝わりません。
きれいだなーと思う気持ちを伝えるための写真なのですから、最低限ピントは合わせましょう。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

知らなくて損しているかも!バラをきれいに撮るコツ(初級編)1

美しく咲いているバラを見たら、自分で手塩にかけて育てたバラが美しく咲いたら、カメラを向けずにいられませんよね♪ どうせだったらきれいに撮りたいもの。そのコツが分かれば、格段に美しい写真が撮れるようになります。

このまとめを見る