1. まとめトップ

最近朝食を作らない人が増えているという…背景は労働環境の変化とメニューの質の向上にあった!!

朝食といえば、家族が集まってご飯やパンを食べながら少しあわただしい中、過ごす場でしたが、昨今事情が変わっているようです。なんと昨今は朝食を作らない人が増えているようです。それは単に食べないというわけではなく、外食のメニューの質が上がったことが一つの要因のようです。

更新日: 2019年05月12日

1 お気に入り 1022 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

かつて朝食といえば

大人の朝食抜きは自己責任ともいえますが、お子さんに関しては、自分の好きなもの食べやすいものを一品だけでもとってほしいですよね。

朝食は毎日のことですから、栄養バランスもさることながら、がんばりすぎないことも大事です。

朝にすべてを用意しようとすると大変に思えますが、残り物のお惣菜やレンジで加熱しただけの野菜などでも、充分に朝ごはんになります。

ごはんを炊けないときは、週末にまとめて炊いて冷凍しておけば、毎朝が楽ちんに。

ごはんを炊けないときは、週末にまとめて炊いて冷凍しておけば、毎朝が楽ちんに。ワンプレート皿にするとカフェ風にかわいくなる上、洗い物も減らせます。

しかし、最近は家で食べない人も増えているようです。

なんと昨今の朝食を作らない人が増えているそうだ!!

市場の動向分析やコンサルティングを手がけるエヌピーディー・ジャパンは2019年3月19日、18年の外食・中食の朝食市場動向分析レポートを発表した。

中食とは、総菜や弁当などの調理済み食品を持ち帰って食べることを指す言葉だ。

朝食市場規模は金額ベースで1兆97億円で前年から1.0%増えた。客数は32.8億回で同0.9%の成長となった。

業態別に見るとコンビニ、スーパーなどからなる小売業態は5744億円で前年から0.8%増え、ファストフード、カフェ、レストランなどの外食業態は4171億円で同2.0%の増加となった。

業態別に見るとコンビニ、スーパーなどからなる小売業態は5744億円で前年から0.8%増え、ファストフード、カフェ、レストランなどの外食業態は4171億円で同2.0%の増加となった。

背景はこんなところにあった

エヌピーディー・ジャパンの東さやか氏は「働く女性の増加や単身世帯の増加、コンビニの店舗増などにより、会社員が週日に外食・中食を利用する機会が増えたことが市場拡大に繋がっています」と指摘する。

ファミレスには、朝からしっかり食べておきたい方にもおすすめの朝食メニューが充実しています。

純和風の定食だったりフレンチトーストやパンケーキだったり…通常メニューよりもリーズナブルでバリエーションも豊富です。

魅力的なメニューが増えたのも一因です。

ホーカーセンターという地元料理などのお店が集まっているフードコートが、いわばシンガポール人の食卓なのだ。

日本ではコンビニやファストフードが当てはまるのです。

様々な声が

朝飯は自動調理器具で自炊がコスパ最高。時短かんたんヘルシー安価に実現する方法をまとめとくか。面倒な人は自動でも考えるのからやらないだろうけどw 毎朝数百円"朝食を家で作らない人"激増中 - PRESIDENT Online blogos.com/article/376366/

消費増税したら朝飯出してる牛丼屋もしんどくなるよな。消費増税はやめてほしいわ。 毎朝数百円 朝食を家で作らない人 激増中 - ライブドアニュース news.livedoor.com/article/detail…

東南アジア化してますね。彼らも基本外食ですし。 毎朝数百円"朝食を家で作らない人"激増中(プレジデントオンライン) - Yahoo!ニュース headlines.yahoo.co.jp/article?a=2019… @YahooNewsTopics

1 2