1. まとめトップ

警視庁が捜査している!元NGT48山口真帆さん暴行事件で新展開か

元産経新聞記者の三枝玄太郎氏がツイートしている。

更新日: 2019年05月12日

1 お気に入り 28313 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

nobodyelseさん

山口真帆さんの事件で警視庁が捜査中?

山口真帆さんの事件で警視庁が動いてる!まさかって思った。詳細は後日。

山口真帆さんの事件。釈放された被疑者が「新潟県警なんてチョロい」と言った件、結構、警察当局を刺激しています。新潟県警だけが警察ではない、ということです。これ以上、書くとこの件は捜査妨害になって立件できなくなるとマズいので、しばらくは黙ります。

本当は山口真帆さんが検察審査会に申し立ててくれれば、ベストだと思うのですが、それは山口さんが考えることですから。逆サイドでいろいろ言う方がいることは分かっていますが、山口さんはあくまで被害者であるということは忘れてはいけないと思います。

結論はそう遠くないうちに出ると思います。まあ、自分たちが治外法権だと思って高を括っていると、痛い目を見るよ、ということです。

山口真帆さんの事件。風化させないぞっていうファンの執念は尊敬に値する。山口さんは幸せな人だと思う。アイドルに興味はなかったけど、ここまでアイドルのファンって情が深いのかって感心した。

芸能記者はやったことないけど、芸能記者の友達は結構います。彼らは日々、芸能界の汚い世界、現実と「書ける話」との折り合いをつけて苦悩している。それが僕なんか部外者への愚痴になって現れる。

女性記者なんかで「俺の愛人になれ」って芸能プロの担当者(幹部ですらない)に迫られた人すらいる。やった方は忘れているかもしれないけれど、やられた方はずっと忘れてないからね。

僕が警視庁の生活安全部担当だった頃、芸能人の内偵の話は山のようにあった。信じられない情報もあった。立件されたのはごく一部。僕のときは某人気ロックバンドのドラマーが逮捕された。読売新聞の敏腕女性記者にすっぱ抜かれて1日、悔し泣きしていました(笑)

Twitterでもこのツイートが話題に

@SaigusaGentaro その通りです。自分達は治外法権だと勘違いしてる。自分達は聖域だとでも思ったんでしょうか。そうじゃないと言う事を分からせないとですね。

@SaigusaGentaro みんな不条理を許せないだけです。そしてアイドルを夢見て、ファンに喜びも与えてくれたのに、その本人が世の中の不条理で挫折してしまう姿を見たくないのです。#NGT48 #山口真帆

@SaigusaGentaro @mahohon_mahore 他グループのドルヲタも参戦している。自分の推しをこんな目に合わせたくないから。現場でのあの熱量が、運営とその親玉に向けられている。あらゆる年代のヲタがいる。あらゆる階層のヲタがいる。あらゆる職業のヲタがいる。ヲタは既存のマスコミの世論誘導には乗らない。

@SaigusaGentaro @mnsrnmtty アイドルファンじゃないけど関心持ちましたよ。普通に、こんな明るみに出てる暴行事件は、許したらダメでしょ? #NGT これまでの芸能界では普通だったかもしれないけど

@SaigusaGentaro アイドルに関心の無いが、新潟を盛り上げてくれていたNGTを温かい目で見ていた新潟県民や新潟市民は、山口真帆さん暴行事件に関する運営への強い嫌悪感不信感は拭えない。NGTは新潟に要らない又は解体してくれということをよく耳にする。新潟ではこの事件は風化しないでしょう。

@SaigusaGentaro はじめまして、三枝さん。 全文同感です。 仮に運営が被疑者2人を本当に憎い、許せないと思っているなら、 真帆さんの刑訴バックアップもできるのではないか?と考えています。 でも、それはしない。何故? 「会社に対する加害者」 守る気ゼロの民事提訴 真相究明及び再発防止 に必要なのは。

@SaigusaGentaro 貴重な情報ありがとうございます。AKS本社は東京だから警視庁なんですね 暴行事件ですか? チケット転売ですか? 運営の関与ですか? また続報お願いします #山口真帆 さんが検察審査会へ不起訴の不服申立してくれたら、再審査の可能性ありますね

三枝玄太郎氏は元産経新聞記者

三枝玄太郎氏はツイターのプロフィールによれば、産経新聞の新聞記者を経て、現在はフリーライター。令和元年に退社したようだ。

2002年に『十九歳の無念 須藤正和さんリンチ殺人事件』を出版している。

平成3年産経新聞社入社。静岡支局を振り出しに、平成6年東京本社社会部に。警視庁・遊軍などを担当した。

平成11年から宇都宮支局勤務。同13年8月から、東京本社社会部に。

山口真帆さん暴行事件とは?

2018年12月8日、山口真帆さんは新潟市内にある自宅マンションの一室前において、顔を掴まれ口を塞がれるなどの暴行被害を受けた。

暴行の実行犯である男性2名は新潟県警に逮捕されたものの、12月末に不起訴となり、釈放されている。

2人はいずれも25歳の無職と男子大学生で、調べに対し「山口さんと話がしたかった。大ごとになるとは思わなかった」と供述する一方、暴行の容疑については否認していた。

2019年1月8日から翌日にかけて、山口自身がSHOWROOMおよびツイッターによって被害を告発したことで明るみに出た。

1 2