1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

kyama77さん

●群馬県南牧村で19人乗ったバスが崖下に転落する事故

●事故に至った経緯

・女性3人が重傷を負い、11人が軽いけがをした模様

10日午後2時50分ごろ、群馬県南牧村大仁田の烏帽子岳登山口の駐車場付近で、停車中のマイクロバスが斜面を転落し、

車内にいた女性3人が重傷を負い、11人が軽いけがをした。

県警によると、運転手がバスを離れている間に乗客が乗り込んだ後、約20メートル下に落ちた。

通報を受けて、県のDMATやドクターヘリなども出動。重傷者を前橋日赤や長野県佐久市の病院に搬送したほか、軽傷者は公立富岡総合病院で治療を受けた。

・この事故で、運転していた60代男を業務上過失傷害の疑いで逮捕

警察はサイドブレーキを適切にかけるなどの安全措置がとられていなかったと見て、運転していた茨城県守谷市のレンタカー業、

海老原功容疑者(66)を業務上過失傷害の疑いで逮捕し、12日、身柄を検察庁に送りました。

・事故を受け、運転手経営の会社を家宅捜索

運転手経営の会社を家宅捜索 12人重軽傷バス崖下転落 群馬県で、10日、マイクロバスが崖下に転落し12人が重軽傷を負った事故で、警察は、逮捕した運転手が経営する会社を家宅捜索している。 fnn.jp/posts/00417500… #FNN pic.twitter.com/XiMv2B1pfn

逮捕容疑は、同日午後2時50分ごろ、運転手としてバスが動かないように安全に停止させる義務を怠り、乗客にけがをさせた疑い。

11日、茨城県守谷市にある海老原容疑者が経営する会社を家宅捜索

警察などによりますと、事故を起こしたバスは、海老原容疑者の会社が管理していて、

・容疑者は「サイドブレーキをかけたが、甘かったかもしれない」などと供述

容疑者は「サイドブレーキをかけたが、甘かったかもしれない」などと供述しているという

乗客は茨城県から訪れた登山客の男女18人。残る4人にけがはなかった。

・容疑者は、荷物の積み込みなどのため運転席から離れていたいう

警察によりますと、当時、海老原容疑者は荷物の積み込みなどのため運転席から離れていて、そのすきに車体が動きだし、50メートルほど進んで転落したという

また、その後の調べで、バスは停車した際もエンジンがかかったままの状態だったとみられることが分かりました。

この事故で新たにわかってきたこと

1 2 3