1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

「自信が無い」と悩んでいる人に!読むと意識が変わるオススメ本5選

自信が無いと悩んでいる人にオススメの本をまとめました。(自信をもてない人のための心理学、嫌われる勇気、自分に自信をつける最高の方法、一生折れない自信のつくり方、「どうせ無理」と思っている君へ)

更新日: 2019年05月21日

275 お気に入り 31977 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

sryamaさん

◎『自信をもてない人のための心理学』 フレデリック ファンジェ

自信は、〈自己評価〉〈行動〉〈自己主張〉から成り立っている――自分で簡単にできる心のトレーニングで自信を育て、悪循環から抜け出す方法を、精神科医が豊富な事例と図表でやさしく説く。

最近、自信をなくさせる思い込みについて書かれた本を読んだんだけど、私はその思い込みが全部あてはまって苦しんでたから、心当たりある人はぜひ読んでほしい。自分の認知の歪みを客観的に見ることが出来る。ほんとおすすめ。【自信をもてない人のための心理学 フレデリック・ファンジェ】

フレデリック・ファンジェ「自信をもてない人のための心理学」をパラパラ。あとがきに、「本人さえその気になれば、いくらでも自信が持てるようになることもわかってきました。取り返しのつかないことなど、ひとつもないのです。」(p351) とあって、勇気湧いてきそう。 いい本買った。

「自信をもてない人のための心理学」③ 自分に自信がない方にはとってもお勧めです!是非とも図書室で借りてみて下さい。

◎『嫌われる勇気』 岸見一郎、古賀史健

本書では平易かつドラマチックにアドラーの教えを伝えるため、哲学者と青年の対話篇形式によってその思想を解き明かしていきます。

『嫌われる勇気』読んでると、グサグサ刺される笑めちゃくちゃ面白い! アドラー心理学面白いな、大学の学部選び間違えたかなーとか思ってだけど、これはめちゃくちゃ今の学部が役に立つぞ!? 物事は考え方による 怖いくらいにそうかも、勝手に悪く考えてるのは自分自信だなぁ

『嫌われる勇気』 おもろすぎてちょっとのじかんでも 読んじゃってもう読み終わったよ なんか自分に自信持てない、人生 つらまない、うまくいかない人に めっちゃ読んでもらいたい! すごいスッキリするよ ただ、すごい深い。 なにが言いたいかって本当 今を生きるだよ!

嫌われる勇気/岸見一郎 古賀史健 2019年1冊目で自分の中に雷が落ちるとは…。この考え方が全てではない。でも自分の価値観や視点にこれほど刺激を与える本はなかなかないと個人的に思う。理解、実践に10年。いつか本当の意味で変われるように、何度も読みたい。 #読了 #読書好きな人と繋がりたい pic.twitter.com/YL4Ts3sY9G

「嫌われる勇気」 #読了 アドラーの思想がわかりやすく説明されている。 少年と哲人の対話形式で話が展開されているので読みやすかった。 アドラー心理学に対して以前より興味を持つようになり、他の本も読んでみたくなった。 pic.twitter.com/BZ4BKnVxCL

◎『自分に自信をつける最高の方法』 常冨泰弘

職場近くのブックオフに立ち寄ったら、久しぶりに本読みたい衝動に駆られて3冊も買ってしまった..! 今は、『自分に自信をつける最高の方法』っていう本読んでいるよ。 もう半分以上読み進めたけど、読んだだけで前向きになれた。 考え方や捉え方をうまくいってる人に合わせるのって大事だなぁ。

常富泰弘「自分に自信をつける最高の方法」読了。 幼少期の記憶は大人になってからも支配的なのね。一番思ったのはもし自分が親になったらこどもの存在自体を思い切り愛してあげようということ。自分に自信があれば色んなことにチャレンジできる。チャレンジこそ人生を豊かにすると思ってる。

紹介した中で類似がない本当にオススメな本② 『自分に自信をつける最高の方法』 この本で今の前向きな私がいると言っても過言じゃないです✨本当に早く出会いたかったまた後ほど書くのですが最初のプログラムで心がぐらぐらとしていつの間にか泣いていました(泣き虫です)魔法の本です✨ pic.twitter.com/piyECzkAEj

今日は本屋さんで2冊購入✨ はあちゅうさんの本は前から欲しかったので買えて良かった 自分に自信をつける最高の方法は、題名に惚れて、読んでみたい!って思って買ってみた 早く帰って読みたい( *´艸`) pic.twitter.com/FIEpT3Ohnq

◎『一生折れない自信のつくり方』 青木仁志

世の中がどうであれ、周りの環境がどうであれ、 自信をもって人生を歩むことは誰にでもできます。 自信とは自分を信じる心です。 他人から与えられた自信は本物とは言えません。

「一生折れない自信のつくり方」(著:青木仁志、アチーブメント出版)読了。 内定時に社長から頂いた本をようやく読み終わったわけだけど、会社の根幹となる考え方はここにあるなと実感する。

青木仁志『一生折れない自信のつくり方』読了。 自信を育成するためのエッセンスがつまった本。 小さな成功を積み上げる。 誰でもできることを誰よりも熱心にやる。 自分だけの成功パターンをつくり上げる。 変化を恐れず、当事者意識を持つ。 pic.twitter.com/AqtX48LDMX

「一生折れない自信のつくり方」読了。2009年の少し古い本ではあるが、非常に充実した内容だった。 『人は変われる。変わる苦痛よりも、変わらない快感選んでいる』 『素直さと誠実さ』 『良い習慣』 『完璧主義。これほど愚かなことはない』 そして、『ILove自分』

青木仁志著「一生折れない自信のつくり方」読了。著者はブリタニカにおいてセールス・セールスマネージャーとして数々の賞を受賞。常に理想を持つ、自己イメージは後天的に変えられるなど、著者の体験談を元に説明。分かりやすくて読みやすかったです。

◎『「どうせ無理」と思っている君へ』 植松努

NASAにも注目される北海道赤平市の町工場! 従業員20人の会社でロケットを作り、宇宙開発の夢を追い続ける著者が、大人にも子どもにも、すべての人に夢と希望を贈ります。

1 2